ギターの名手、マニタス・デ・プラタと歌の名手ホセ・レイエスの出会い

そのサント・マリーから更に西へ100キロほどのところに、モンペリエ(Montpellier)という町があります。
ここに素晴らしい早弾きのフラメンコギター奏者がいると、ジプシー仲間で有名でした。
名前をリカルド・バリアルド(Ricardo Baliardo)といい、その優れたギターテクニックから マニタス・デ・プラタ:小さな銀の手(Manitas de Plata)と呼ばれていました*1)。

Jose Reyes一方、サント・マリーから50キロほど北方にある町、アルル(Arles)にはカンテ・ホンド(深い歌)の名手 ホセ・レイエス(Jose Reyes)がいました*2)。
スペイン内戦の戦火を逃れ、この地に流れて来たホセは、その歌の実力だけでなく、面倒見の良い性格から、アルルのジプシー集団のリーダー的存在として尊敬されていました。

マニタスは1921年生まれ、ホセは7才年下の1928年生まれです。
彼らは毎年の巡礼祭に出向いて行っては、歌や演奏をジプシー達の前で披露していました。
二人の最初の出会いがいつかは、正確には分かりません。しかしホセが声変わりをしたと思われる1940年代後半か1950年頃には、二人が一緒に歌い演奏した、と推測できます。ジプシー仲間の一番のギタリストと歌い手が毎年の巡礼祭の時に会い、周りにせがまれてはパーフォーマンスをしていたことは容易に想像できるためです。

Manitas de Plata1955年の巡礼祭の様子を録音した 「Pelerinage Aux Stes-Maries-de-la-Mer」 というLP*3)があります。
マニタスのディスコグラフィーを見ると、この音源が一番古く記録された彼らの音です。
様々なジプシーの演奏が記録されている中に、間違いなくマニタスとホセが共演している音源があります。
この時、マニタスは34才、ホセは27才。既に、この時から彼らのスタイルは確立されていて、以後、発表されていく彼らの数々の音源と遜色無い完成レベルにあります。
因みに、ほとんどの曲が即興演奏です。マニタスのギターは自己流であり、後に正統フラメンコを知る人々から異端児扱いされるわけですが、ここで聴かれる音楽は独自の世界を創出していて、聴く人の心を掴んで離しません。
まさに彼らは、才能あふれた野生の、しかし、素晴らしい音楽家なのでした。

MANITAS DE PLATA - Pelerinage Gitan Aux Saintes Maries De La Mer

その後、特にマニタスの評判は、フランス中に広がり始め、ついにはソロアルバムを出すことになります。
発表されたのは1955年以降1960年までの間と思われますが、定かではありません。
ディスコグラフィーでは、単に「MANITAS DE PLATA」がタイトルになっています*4)。
1962年にも、マニタスの弟や息子と一緒に演奏した「Disque Pirate Enregistre aux Stes-Maries-de-la-Mer」 *5)というアルバムも出しています。

Enregistre Aux Saintes-Maries-de-la-Mer

南フランスにフラメンコギターの名手がいるという噂が広まり、パブロ・ピカソやチャーリー・チャップリン、ジャン・コクトーらの文化人がバカンスで南フランスに行く度に、マニタスとその一族を呼んで演奏をさせることが多くなりました。
マニタスは、彼ら有名人のパーティに呼ばれる度に、自分の弟や息子達とともに、歌い手としてホセを同行することがよくありました。

  • *1)日本ではマニタスと書いてある図書が多いが、発音はマニタ。ここではマニタスに統一する。また Reyes の発音はレジェス、 Baliardo の発音はバジャルドだが、それぞれレイエス、バリアルドとしている
  • *2)ホセはスペイン語読みで、フランス語ではジョゼと発音する。
  • *3)Disques Vogue
  • *4)Barklay S80294。他に「The Excitement of Manitas de Plata」、「Manitas de Plata Proles et Music」、「The Guitar Artistry of Manitas de Plata」、「Flaming Flamenco Vol.1」という名前で発売されている。
  • *5)SPR 20045

こちらの記事もどうぞ!

サントマリー・ド・ラ・メールで新たな出会いを... マニタスとホセの出会いから半世紀経過した今。 アルルとモンペリエのミュージシャン*20)の出会いは、私たちに素晴らしい音楽を残してくれました。 時代が経過し、着々と世代交代が行われています。 今や私たちはYoutubeやFacebookなどを通して若い世代の優れたミュージシャンを数多く知る...
ジプシーキングス系の音楽が歌い継がれる場所、カマルグ... 南フランスのアルルから車で40分ほど南へ行くと、サント・マリー・ド・ラ・メール(Les Saintes-Maries-de-la-Mer )という町があります。 ここは、昔、3人のマリア(聖母姉妹のマリア、ヨハネとヤコブの母マリア、マグダラのマリア)がキリストの死後に流れて来た場所と言われています...
マニタスから離れたホセがJose Reyes y Los Reyes結成。ジプシーキングスのルーツと... 1963年の世界デビュー以来、マニタスは精力的にアルバムを発表していきました。 それらのすべてのアルバムにホセは参加していましたが、1974年になって、ホセはマニタスをゲストに迎え、自分の息子達、ポール(Paul)、カヌー(Canut)、パチャイ(Patchai)、ニコラ(Nicolas)を従え、...
世界へと伝わるマニタスのギター演奏... 徐々に有名になったマニタス。 本人が望んだわけではなかったのですが、ついに世界へ羽ばたく時が来ました。 ここではあれこれ説明を加えるより、日本盤CD「ジプシー・フラメンコ」のライナー・ノーツをそのまま引用したほうがよいでしょう*6)。米国のプロデューサー、E・アラン・シルバーの文章です。(一部要...

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です