見に行きました!Chico & the Gypsiesライブ2017@BLUE NOTE TOKYO

毎年来日してBLUE NOTE TOKYOでライブを行っているChico & the Gypsies(略してチコジプ)が今年もやってきました!

さる11月23日、勤労感謝の日にGGメンバー6人で見に行ってきましたので軽くレポートしたいと思います。

見に行ったのはセカンドステージ。
予約番号は15番。午後7時の開場から番号順に呼ばれ、自由席に座ることができます。
今回も去年と同じステージ左側の一番前!
音響的にはあまりよくないけど、アーティストを至近距離で見られます。

午後8時開演。
最初にバックミュージシャンたちによるイントロがスタート。
ベースのTony、ピアノ・キーボードFred、ドラムスEric、そしてバックミュージシャンの中でも一番目立つバイオリンのPeeWeeによる安定感のあるイントロが奏でられる中、チコジプのギタリストたちが後方より現れます。

親方ChicoにつづいてMounin、Kema、Joseph(通称Pepino)、Kassakaが登場。
去年はジプシーキングスのCanutがゲスト参加してたけど今回は来なくて残念。
現在のチコジプを象徴するコアメンバーだけで構成されたフォーメーションです。

ぶっちゃけ、内容は去年とほぼ似たり寄ったり。
というかここ数年はだいたい同じ内容です。
去年はCanutがいて少し違う雰囲気がありましたが・・・。
とはいえ最近のチコジプの定番スタイルで、おなじみのセットリストで盤石なパフォーマンスでした。
去年とほぼ同じとは分かっていつつ、演奏の面や曲のアレンジ、エンターテイメントという観点からいろいろヒントやインスピレーションをもらえるので、今回も行ってよかったと思います。

セットリストはこんな感じでした。

01. Intro-Alegria
02. Baila me
03. Amor de mis amores
04. Pharaon
05. Me Rindo Ante Ti
06. Escuchame madre mia
07. Todos Ole
08. Libertango
09. Natalie
10. Inspiration
11. Hotel California
12. Djobi Djoba
13. Bamboleo
14. Volare
15. A mi manera

まあだいたいいつもと同じようなセットリストですね。
アルバムではCanutが歌っていたフリオ・イグレシアスのカバー「Natalie(ナタリー)」はJosephがボーカル。最後のライロライーと盛り上がるところがいいですね。GGでもコピーしようかと考え中。

毎回アレンジが異なるリードギターKemaのInspiration。
今回は最初から2番の終わりまで割りと原曲に近い旋律でやってましたが、最後のアウトロの部分を長くしてKemaオリジナルの美しいメロディーをがっつり聴かせてもらいました。
超絶ギターテクはいいけど以前はテクニック優先でマシーンみたいと一部で揶揄されてましたが、ここ数年は円熟味が出てきて、テクニックだけじゃなくて味わい深さも増強。もう本当にうっとり、そして熱くなるギタープレイで魅了してくれますね。まさにジプシールンバ界のMVPと言ってもいいかも。

ラストの4曲は定番中の定番。
まあ去年と同じなので書くことはないのですが、今回も大いに盛り上がりました♪

座った場所が良くなかったせいもあるかもしれないけど、ギターのサウンドがよく聞こえなかったのが残念ですね。

後ろでこっそり撮ってた人がこっそりYoutubeにアップしてたので、その動画を見るとバランス良くちゃんと聞こえてますね。

たぶん同じ日の同じステージだと思うのですが、やっぱり座席の問題かしらね~

* * *

なにはともあれ、ここ最近のチコジプはバックミュージシャンのガッチリとした安定感のある演奏が確立されて、そこにギターや歌が乗っかるというスタイルに定着してる感がありますね。
それはそれでバンドとしての確固たる一体感を感じさせてくれますが、ジプシールンバ本来の核となるギターストロークとゴルペの響きが薄まっちゃうのは、往年のファンとしてはやや残念なところ。

毎日2ステージですべて全力投球するのは体力的にも指の爪先的にも難があるのは分かるけど、思いっきりドンジャカとギターを掻き鳴らす、骨太なジプシールンバを聞きたいファンも多いはず。(一部のマニアなファンだけか!?)

ドラムやベースをガツンと入れれば音圧も増して迫力も出るし、ギタリストたちの疲労も薄らぐけど、やっぱりジプシールンバは重厚なギターサウンドが要。

僕らGipsy Grooveはその辺りを重視して最近ではバックミュージシャンをあまり入れず、本来のギターと歌(そしてパルマとハレオ)のみのサウンドに力を入れてます。

今回のチコジプライブを見て、バックミュージシャン入れてやるのも迫力が出ていいなーと思う一方、やっぱりギターサウンドが何より大事ということを改めて認識したのでした~~

こちらの記事もどうぞ!

横浜中華街の熱い夜。Aqui閉店ライブで大盛り上がり... 昨晩は横浜中華街の一角にあるスペインレストラン「Aqui」(スペイン語で「ここ」の意味)でお客様が企画したライブで演奏してきました! お店の閉店が決まり、事実上この日が最後のライブ。 そのためもあってGGのファンの方々やお店の常連さん、シェフのお知り合いの方など、ある意味「濃い~」人が集まって、...
動画をいくつかUP。ライブ@横浜C'est la vie(セラヴィ)... 昨日は横浜・日野出町にあります「C'est la vie(セラヴィ)」でライブでした。 湘南のミュージシャンであるテミヤンさんがプロデュースする新しいライブ・ダイニングで、Gipsy Grooveは2度目の出演になります。 壁に竹炭が塗り込まれ、店内の空気がとても浄化されているのがわかります。 そし...
パコ作曲の東北復幸ソング~女川ルンバ『みんなでまじゃろう』... Gipsy Grooveのギタリスト、Pacoが作曲し、KGがボーカルを務めた「女川ルンバ『みんなでまじゃろう』」がYoutubeで配信されています。 震災で大きな被害を受けた宮城県女川町の復興ソングとして、地元の方たちと協力してこの曲が完成しました。 津波で流された女川駅の復旧に合わせて3/2...
ライブ@茅ヶ崎サウザリー 先週金曜日は茅ヶ崎南口のイタリアンバー「サウザリー」で初のGGライブ。 以前大磯でライブをやった時に見に来てくれた方が紹介してくれたお店だ。 最近湘南方面でのライブが増えてうれしい。 PA機材を準備してサウンドチェック。 こじんまりとしたお店なのでお客さんとの距離がせまく、アットホームなふれあいラ...
ライブ@ウッキーズ 先日の木曜日は横浜・伊勢佐木町のスペインレストラン、Ukkies(ウッキーズ)でライブ。以前横浜の別の場所でライブをやっていた時にお客さんとして来て頂いた方からの紹介で今回のライブにつながった。 お店は25人も入ればいっぱいのこじんまりとした場所で、ありがたくも満席御礼! 雨の日だったにも関わらず来...
ライブ@ウッキーズ 横浜・伊勢佐木町... 先日木曜日は横浜・伊勢佐木町のスペインレストラン、ウッキーズでライブ。 今回は2回目。一度やらせてもらったところから再びお声がかかるのはうれしいですね。 メンバーはいつもの4人。 それぞれ本業の仕事を終わらせてからライブ会場に向かう。 Kikoは3日間の地方出張を終えてその足でやってきた。お疲れさ...

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です