ルンバギタリストのための基礎知識・マメ知識など

ジプシールンバギターを学ぶ前にフラメンコギターの基礎知識やギタリストの心得、ギターの選び方なども頭に入れておくと役に立つかもしれません。
以下のコンテンツは参考までご覧ください。

ギターの基礎~フラメンコギター奏法について

Gipsy Rumbaのギター奏法の根底にあるのはスペインのフラメンコギター奏法です。はじめてギターを手にする人も、まずは基礎を固めてからGipsy Rumbaに挑んでみましょう。

ジプシールンバギターの基礎~まずはフラメンコギター奏法をマスターしよう

ギターの選び方

シチュエーションによって自分が持つべきギターも違ってきます。
自分に合ったギターをどう選ぶか、参考までにご照覧ください。

アコギと言ってもいろいろ~自分の演奏スタイルに合ったギターを選ぼう

爪は命!フラメンコ系ギタリストの知恵~爪の保護と手入れ

ジプシールンバのギタリストにとって、爪は命。激しいルンバ・プレイをすると生爪のままでは必ずと言っていいほどどこかしら破損してしまいます。その人の弾き方にもよりますが、ゴルペなどを多用するGipsy Rumba奏法では爪のケアという点も注意しなくてはいけません。

フラメンコ系ギタリストの知恵~爪の保護と手入れ

ギターの弦の選び方と弦レビュー

激しいルンバプレイにストリングブレイク(弦切れ)はつきもの。
ジプシールンバ奏法に最適なギター弦の選び方と各種弦のレビューはこちら。

ジプシールンバ奏法に最適なギター弦とは?購入の参考になる弦のレビュー

こちらの記事もどうぞ!

ジプシールンバギター奏法~バラード奏法... 哀愁のあるゆったりとした曲に用いられますが、他の奏法とは少し趣が異なります。 バラード奏法 基礎 基本的にはゴルペは最小限に、弦の響きをきれいに聞かせる奏法です。 他の奏法とは違ってあまりルンバっぽくない感じもしますが、スローテンポのバラードなどを奏でる時に少し違った味わいを出すこ...
ジプシールンバギター奏法~スロー奏法... ゆったりと哀愁をこめて、じっくり聞かせたい時に弾くパターンです。 うまくゴルペ音が出せれば、非常に味わい深い響きになります。 スロー奏法 基礎 1 1 2 3 4 5 6 7 8 (タララタララタラ)というリズムを意識して、ゴルペをしっかり鳴らす練習をしましょう。 拍...
ジプシールンバギターの基礎~様々な種類のカポタスト... 歌い手のキーやコードの押さえやすさを考えた時、フレットにカポタスト(略してカポ)をかませてあげると、演奏がとても楽になります。 例えば開放(ノーカポ)でキーがF#mだとします。この場合、コードをセーハして押さえるなどして、演奏者にとっては指等に疲労を生み出す原因になります。そういう場合には2フレッ...
爪は命!フラメンコ系ギタリストの知恵~爪の保護と手入れ... ジプシールンバのギタリストにとって、爪は命です。激しいルンバ・プレイをすると生爪のままでは必ずと言っていいほどどこかしら破損します。その人の弾き方にもよりますが、ゴルペなどを多用するGipsy Rumba奏法では爪のケアという点も注意しなくてはいけません。 とにかく激しいルンバを弾く人は必須!...
ジプシールンバギター奏法~ベーシック奏法... 一番基本となるパターンを練習します。 とりあえずこの形さえマスターすればどんな曲にも対応できます。 ベーシック奏法 基礎 1 弦を弾く手をしっかり上下させてはっきりとした音色を出すよう心がけます。 1拍目(ゴルペ+親指ダウンストローク)と2拍裏の親指アップストローク、...
ジプシールンバ奏法に最適なギター弦とは?購入の参考になる弦のレビュー... ギターの弦(ナイロン弦)と言っても様々なものが存在します。 1セット(1弦~6弦までのセット)数百円の安物から数千円の高級品まで。値段相応というか、弾き比べてみて実感する弦の重要性。クラシック・コンサートギタリストは一度弾いた弦はすぐ張り替えると言われていますが、大勢でルンバを演奏する場合は「切れ...

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です