ルンバギタリストのための基礎知識・マメ知識など

ジプシールンバギターを学ぶ前にフラメンコギターの基礎知識やギタリストの心得、ギターの選び方なども頭に入れておくと役に立つかもしれません。
以下のコンテンツは参考までご覧ください。

ギターの基礎~フラメンコギター奏法について

Gipsy Rumbaのギター奏法の根底にあるのはスペインのフラメンコギター奏法です。はじめてギターを手にする人も、まずは基礎を固めてからGipsy Rumbaに挑んでみましょう。

ジプシールンバギターの基礎~まずはフラメンコギター奏法をマスターしよう

ギターの選び方

シチュエーションによって自分が持つべきギターも違ってきます。
自分に合ったギターをどう選ぶか、参考までにご照覧ください。

アコギと言ってもいろいろ~自分の演奏スタイルに合ったギターを選ぼう

爪は命!フラメンコ系ギタリストの知恵~爪の保護と手入れ

ジプシールンバのギタリストにとって、爪は命。激しいルンバ・プレイをすると生爪のままでは必ずと言っていいほどどこかしら破損してしまいます。その人の弾き方にもよりますが、ゴルペなどを多用するGipsy Rumba奏法では爪のケアという点も注意しなくてはいけません。

フラメンコ系ギタリストの知恵~爪の保護と手入れ

ギターの弦の選び方と弦レビュー

激しいルンバプレイにストリングブレイク(弦切れ)はつきもの。
ジプシールンバ奏法に最適なギター弦の選び方と各種弦のレビューはこちら。

ジプシールンバ奏法に最適なギター弦とは?購入の参考になる弦のレビュー

こちらの記事もどうぞ!

用途に応じて使い分け!ジプシールンバ用ギターの選び方... ジプシールンバを演奏する上で、どのようなスタイルでギターを弾くのか。自分に合ったギターを探すことも大事です。 素手の生爪を使ってプレイするため、ピックなどを使うロック用エレキギターやスチール弦のギターは当然不向き。 そこでナイロン弦のアコースティックギターを使うわけですが、その用途も様々です。 ...
爪は命!フラメンコ系ギタリストの知恵~爪の保護と手入れ... ジプシールンバのギタリストにとって、爪は命です。激しいルンバ・プレイをすると生爪のままでは必ずと言っていいほどどこかしら破損します。その人の弾き方にもよりますが、ゴルペなどを多用するGipsy Rumba奏法では爪のケアという点も注意しなくてはいけません。 とにかく激しいルンバを弾く人は必須!...
ジプシールンバギター奏法~パーカッシブ奏法... ギターのボディーをボンボン叩く、パーカッション効果に特徴を持たせた弾き方です。 明るくてノリの良いルンバの曲でよく用いられます。 パーカッシブ奏法 基礎 1 2拍子系のビートを意識しつつゴルペを強調して弾いてみましょう。 拍 1 ...
ジプシールンバギター奏法~ギャロップ奏法... とにかく勢い良く激しさも感じられる、最もGipsy Rumbaらしい奏法です。 ゴルペ音をうまく出すと、まるで馬が走る時の足音の様にも聞こえます。 ギャロップ奏法 基礎 1 イメージ的にはスロー奏法のハイテンポ版といった感じです。 手数はなるべく減らしてゴルペを効果的に入れるよう...
ジプシールンバギター奏法~ベーシック奏法... 一番基本となるパターンを練習します。 とりあえずこの形さえマスターすればどんな曲にも対応できます。 ベーシック奏法 基礎 1 弦を弾く手をしっかり上下させてはっきりとした音色を出すよう心がけます。 1拍目(ゴルペ+親指ダウンストローク)と2拍裏の親指アップストローク、...
実践!強6連ラスゲアード~ジプシールンバの特徴的な奏法の一つ... ジプシールンバ奏法の番外編として、今回は「強6連ラスゲアード」について学んでいきたいと思います。 参考:実践!ジプシールンバギター奏法 本題に入る前にフラメンコギター奏法におけるラスゲアードはどのようなものかおさらいしましょう。 通常以下のような方法が一般的です。 親指で弦を下か...

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です