ジプシールンバギター奏法~ギャロップ奏法

とにかく勢い良く激しさも感じられる、最もGipsy Rumbaらしい奏法です。
ゴルペ音をうまく出すと、まるで馬が走る時の足音の様にも聞こえます。

ギャロップ奏法 基礎 1

イメージ的にはスロー奏法のハイテンポ版といった感じです。
手数はなるべく減らしてゴルペを効果的に入れるようにしてます。
動画ではあえて高速で弾いてます。(こんなに速い曲はあんまりないですが・・・。)

1   2   3   4  
ストローク        
ゴルペ
右手の動き 中指か薬指でゴルペ、同時に親指をダウンストローク 親指でゴルペ。同時に人差指以下でダウンストローク 中指や薬指でゴルペ 人差指腹で軽くアップストローク 親指でゴルペ、人差指以下でダウントローク
写真 ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ

ギャロップ奏法 基礎 2

スロー奏法応用編のハイテンポ版と言ったところです。
(動画で一度ミスってる部分があり消すの忘れました。すみませんm(_ _)m )
手数が増えた分、基礎1みたいに高速で弾くことは難しいですが、ベーシック奏法とうまく組み合わせて効果的にゴルペを打ち鳴らしましょう。

1   2   3   4  
ストローク (▼)  
ゴルペ
右手の動き 中指か薬指でゴルペ、同時に親指をダウンストローク 親指をそのままアップストローク。 できれば人差し指以下で軽く弦を弾く(ちょっと触れる程度) 親指でゴルペ。同時に人差指以下で軽くダウンストローク 反らせていた手を振り下ろし、中指や薬指でゴルペ 人差し指の腹で軽くアップストローク 親指でゴルペ、人差指以下でダウントローク 人差し指の腹で軽くアップストローク
写真 ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ

ギャロップ奏法の例

Gipsy Kings以降のミュージシャンが出すアルバムでは様々な楽器がやアレンジが加えられており、ギターのゴルペの響きがかき消されてしまう傾向にあります。
そこで、Gipsy Kings以前のジプシールンバを聴くとギャロップ奏法がしっかりと聞きとれる曲が数多くあります。

Gitan poete : Jose REYES y Los Reyes

Jose Reyes E Los Reyes – ” Duels de Guitares “

Jose Reyes – Tu me rends fou

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です