ジプシールンバギター奏法~スロー奏法

ゆったりと哀愁をこめて、じっくり聞かせたい時に弾くパターンです。
うまくゴルペ音が出せれば、非常に味わい深い響きになります。

スロー奏法 基礎 1

1 2 3 4 5 6 7 8 (ラララララ)というリズムを意識して、ゴルペをしっかり鳴らす練習をしましょう。

1 2 3 4
ストローク Bass▼
ゴルペ
右手の動き 親指の腹でベース弦を弾くと同時に中指か薬指でゴルペ 親指でゴルペ、同時に人差指以下でダウンストローク(セコ)。 親指でゴルペ、同時に人差指以下でダウンストローク(セコ)。
写真 ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ

スロー奏法 応用 1

基礎の奏法+ストロークとゴルペの手数を少し増やした弾き方。
スロー奏法のスタンダードな弾き方とも言えます。
4拍目をカッティング(ミュート)しても良いです。

1   2   3   4  
ストローク (▼)
ゴルペ
右手の動き 親指の腹でベース弦を弾くと同時に中指か薬指でゴルペ 親指でアップストローク できれば人差し指以下で軽く弦を弾く(ちょっと触れる程度) 親指でゴルペ、同時に人差指以下でダウンストローク(セコ)。 人差し指の腹で軽くアップストローク 親指でゴルペ、同時に人差指以下でダウンストローク(セコ)。 人差し指の腹で軽くアップストローク
写真 ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ   ギター奏法イメージ  

スロー奏法 応用 2

応用1とほぼ大差ないですが、2拍目に親指のゴルペを追加しています。
また3拍目に中指・薬指あたりでギター下のゴルペを追加(映像では応用1もここはたまに入れてます。)
よりリズムを強調したい時などに有効です。

1   2   3   4  
ストローク (▼)
ゴルペ
右手の動き 親指の腹でベース弦を弾くと同時に中指か薬指でゴルペ 親指でアップストローク 親指でゴルペ、同時に人差指以下で軽くダウンストローク 親指でゴルペ、同時に人差指以下でダウンストローク。 中指か薬指でゴルペ 人差し指の腹で軽くアップストローク 親指でゴルペ、同時に人差指以下でダウンストローク。 人差し指の腹で軽くアップストローク
写真 ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ   ギター奏法イメージ  

スロー奏法の例

Gipsy Kings – Trista Pena

Gipsy Kings–Soledad

The Gipsy Kings Lagrimas

Forever (Instrumental) – Gipsy Kings

A mi manera – Gipsy Kings

Chico & The Gypsies Arles

スロー奏法 番外編

裏拍の1弦の音色を強調するための予備的な奏法です。
上記の応用編でも弾き方を工夫すれば裏拍は強調できますが、ここではあえて「裏」を意識した弾き方をご紹介します。
何人かでスローテンポの曲を弾く時に、誰かがこの番外編の奏法で奏でると、弦の響きが増幅される感じがしてとても美しく聞えるはずです。
※2裏と4裏のカッティングは入れても入れなくても良いです。

1   2   3   4  
ストローク ▲・カッティング ▲・カッティング
ゴルペ        
右手の動き 親指の腹でベース弦を弾くと同時に中指か薬指でゴルペ 親指でアップストローク 人差し指の腹で軽くアップストローク 人差し指の腹で軽くアップストローク+カッティング 親指でアップストローク 人差し指の腹で軽くアップストローク 人差し指の腹で軽くアップストローク 人差し指の腹で軽くアップストローク+カッティング
写真 ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ

こちらの記事もどうぞ!

エレガットギターのプリアンプをFISHMAN Presys Blendに交換する時の作業手順... LIVE演奏などで使い勝手の良いエレガットギター。 ギター弦のサウンドとボディの打撃音などをキレイに拾ってくれるプリアンプ~ピックアップにもいろいろな種類があります。 大勢でジプシールンバを演奏する我々Gipsy Grooveメンバーもこれまで多種多様なプリアンプを試してみました。そして行き...
ジプシールンバギター奏法~アラビック奏法... 2拍子のリズムを強調した力強く、情熱的なリズムです。 モーロ風の土臭い曲等に合いますが、どんな曲でもこのパターンは応用できます。 アラビック奏法 基礎 1~2 裏拍を全てアップストロークで奏でて強調します。 動画の基礎1ではこの奏法を基本にして応用的な弾き方をしており、ゴルペとカ...
ジプシールンバギターの基礎~様々な種類のカポタスト... 歌い手のキーやコードの押さえやすさを考えた時、フレットにカポタスト(略してカポ)をかませてあげると、演奏がとても楽になります。 例えば開放(ノーカポ)でキーがF#mだとします。この場合、コードをセーハして押さえるなどして、演奏者にとっては指等に疲労を生み出す原因になります。そういう場合には2フレッ...
実践!ジプシールンバギター奏法 Gipsy Kingsの曲を彼らのように弾いてみたい!と思っている人、結構いるのではないですか? そこまで思っていなくとも、どう弾いているんだろう?と興味を持っている人、これも結構数多いと思います。 奏法解説と言えるかは分かりませんが、そんなヒント、コツをおすそ分けできればと思います。 まあ、...
爪は命!フラメンコ系ギタリストの知恵~爪の保護と手入れ... ジプシールンバのギタリストにとって、爪は命です。激しいルンバ・プレイをすると生爪のままでは必ずと言っていいほどどこかしら破損します。その人の弾き方にもよりますが、ゴルペなどを多用するGipsy Rumba奏法では爪のケアという点も注意しなくてはいけません。 とにかく激しいルンバを弾く人は必須!...
ジプシールンバギター奏法~バラード奏法... 哀愁のあるゆったりとした曲に用いられますが、他の奏法とは少し趣が異なります。 バラード奏法 基礎 基本的にはゴルペは最小限に、弦の響きをきれいに聞かせる奏法です。 他の奏法とは違ってあまりルンバっぽくない感じもしますが、スローテンポのバラードなどを奏でる時に少し違った味わいを出すこ...

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です