ジプシールンバギター奏法~パーカッシブ奏法

ギターのボディーをボンボン叩く、パーカッション効果に特徴を持たせた弾き方です。
明るくてノリの良いルンバの曲でよく用いられます。

パーカッシブ奏法 基礎 1

2拍子系のビートを意識しつつゴルペを強調して弾いてみましょう。

1   2   3   4  
ストローク    
ゴルペ 全体 全体
右手の動き 手のひら全体で激しくゴルペ。手のひらのアーチが弦を跨ぐようにして、親指はギターの上側、人差指以下はギターの下側を叩くようにする 人差指以下でダウンストローク 親指の爪でアップストローク(手を開きぎみにして跳ね上げる) 手のひら全体で激しくゴルペ。手のひらのアーチが弦を跨ぐようにして、親指はギターの上側、人差指以下はギターの下側を叩くようにする 人差指以下でダウンストローク 親指の爪でアップストローク(手を開きぎみにして跳ね上げる)
写真 ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ

パーカッシブ奏法 基礎 2

基礎1とリズムは似ています。最初の拍でベース弦を弾き音色を強調します。

1   2   3   4  
ストローク Bass▼    
ゴルペ   全体  
右手の動き 親指でベースとなる弦を弾くと同時に人差し指以下でギターの下側を叩く。 人差指以下でダウンストローク。 親指の爪でアップストローク(手を開きぎみにして跳ね上げる) 手のひら全体で激しくゴルペ。手のひらのアーチが弦を跨ぐようにして、親指はギターの上側、人差指以下はギターの下側を叩くようにする。 親指でギターの上側をゴルペと同時に人差指以下でダウンストローク。
写真 ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ

パーカッシブ奏法(基礎)の例

Gipsy Kingsの楽曲ではこの奏法で演奏された曲が数多くあります。
弾き方も比較的簡単かつ人によって弾き方に大差がないので、ジプシーミュージシャンたちにも好まれる奏法です。
大勢で演奏するとゴルペが重なって厚みのあるサウンドになり、曲によってはレゲエ風に聞えることもありますね。

LaTounga

Gipsy Kings - Petita Noia

A Ti A Ti - Gipsy Kings

パーカッシブ奏法 応用 1

ギターを太鼓のようにタッタカ・タッタカと叩いて奏でる独特な奏法です。
ゴルペがメインとなりますので、弦のストロークは最低限鳴っていれば良いという感じです。

1        
ストローク    
ゴルペ    
右手の動き 人差し指以下でギターの下側を叩く 人差指の腹でアップストローク 親指でギターの上側をゴルペと同時に人差指以下でダウンストローク 人差し指以下でギターの下側を叩く 人差指の腹でアップストローク 親指でギターの上側をゴルペと同時に人差指以下でダウンストローク
写真 ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ

パーカッシブ奏法 応用 2

応用1を元に、最初の拍でベース弦を弾く方法。

1   2   3   4  
ストローク Bass▼  
ゴルペ      
右手の動き 親指でベース弦を弾くとともに人差し指以下でギターの下側を叩く 人差指の腹でアップストローク 親指でギターの上側をゴルペと同時に人差指以下でダウンストローク 人差し指以下でギターの下側を叩く 人差指の腹でアップストローク 人差指以下で1~3弦あたりを軽くダウンストローク
写真 ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ

パーカッシブ奏法(応用)の例

上記の説明の通り、ゴルペが強く弦のストロークは弱くなるので、大勢で弾く場合は誰か1人か2人くらいがこの奏法で味付けするくらいがいいかもしれません。
Gipsy KingsではCampesinoという曲でメンバーのPabloがこの奏法で弾いており、楽しい雰囲気がプラスされてます。

Gipsy Kings - Campesino

こちらの記事もどうぞ!

実践!強6連ラスゲアード~ジプシールンバの特徴的な奏法の一つ... ジプシールンバ奏法の番外編として、今回は「強6連ラスゲアード」について学んでいきたいと思います。 参考:実践!ジプシールンバギター奏法 本題に入る前にフラメンコギター奏法におけるラスゲアードはどのようなものかおさらいしましょう。 通常以下のような方法が一般的です。 親指で弦を下か...
ジプシールンバギター奏法~ベーシック奏法... 一番基本となるパターンを練習します。 とりあえずこの形さえマスターすればどんな曲にも対応できます。 ベーシック奏法 基礎 1 弦を弾く手をしっかり上下させてはっきりとした音色を出すよう心がけます。 1拍目(ゴルペ+親指ダウンストローク)と2拍裏の親指アップストローク、...
ギター入門者向け!調弦の仕方や良く使うコード進行を覚えよう... Gipsy Rumbaでもフラメンコでも、基礎となるのは一般的なギターのチューニングと一般的な西洋音階(ドレミファ・・・)です。 まったくギターが初めての人向けのギターについての基礎知識とジプシールンバの曲でよく使われるコード進行などをお伝えします! 調弦の仕方 クラシックギターやフラメン...
爪は命!フラメンコ系ギタリストの知恵~爪の保護と手入れ... ジプシールンバのギタリストにとって、爪は命です。激しいルンバ・プレイをすると生爪のままでは必ずと言っていいほどどこかしら破損します。その人の弾き方にもよりますが、ゴルペなどを多用するGipsy Rumba奏法では爪のケアという点も注意しなくてはいけません。 追記)オススメの瞬間接着剤につい...
ジプシールンバギター奏法~ギャロップ奏法... とにかく勢い良く激しさも感じられる、最もGipsy Rumbaらしい奏法です。 ゴルペ音をうまく出すと、まるで馬が走る時の足音の様にも聞こえます。 ギャロップ奏法 基礎 1 イメージ的にはスロー奏法のハイテンポ版といった感じです。 手数はなるべく減らしてゴルペを効果的に入れるよう...
激しいルンバ奏法でも安心!爪を補強するためのオススメ瞬間接着剤... ジプシールンバのギタリストにとって爪は命。 爪が欠けていたり短かったりするとギタープレイにも大きく影響してきます。 マラソン選手がしっかりとしたランニングシューズを履けばパフォーマンスもグッとアップするのと同じで、ギタリストも爪を最適な状態にしておくことが一つの心得だと思います。 爪の...

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です