ジプシールンバギター奏法~パーカッシブ奏法

ギターのボディーをボンボン叩く、パーカッション効果に特徴を持たせた弾き方です。
明るくてノリの良いルンバの曲でよく用いられます。

パーカッシブ奏法 基礎 1

2拍子系のビートを意識しつつゴルペを強調して弾いてみましょう。

1   2   3   4  
ストローク    
ゴルペ 全体 全体
右手の動き 手のひら全体で激しくゴルペ。手のひらのアーチが弦を跨ぐようにして、親指はギターの上側、人差指以下はギターの下側を叩くようにする 人差指以下でダウンストローク 親指の爪でアップストローク(手を開きぎみにして跳ね上げる) 手のひら全体で激しくゴルペ。手のひらのアーチが弦を跨ぐようにして、親指はギターの上側、人差指以下はギターの下側を叩くようにする 人差指以下でダウンストローク 親指の爪でアップストローク(手を開きぎみにして跳ね上げる)
写真 ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ

パーカッシブ奏法 基礎 2

基礎1とリズムは似ています。最初の拍でベース弦を弾き音色を強調します。

1   2   3   4  
ストローク Bass▼    
ゴルペ   全体  
右手の動き 親指でベースとなる弦を弾くと同時に人差し指以下でギターの下側を叩く。 人差指以下でダウンストローク。 親指の爪でアップストローク(手を開きぎみにして跳ね上げる) 手のひら全体で激しくゴルペ。手のひらのアーチが弦を跨ぐようにして、親指はギターの上側、人差指以下はギターの下側を叩くようにする。 親指でギターの上側をゴルペと同時に人差指以下でダウンストローク。
写真 ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ

パーカッシブ奏法(基礎)の例

Gipsy Kingsの楽曲ではこの奏法で演奏された曲が数多くあります。
弾き方も比較的簡単かつ人によって弾き方に大差がないので、ジプシーミュージシャンたちにも好まれる奏法です。
大勢で演奏するとゴルペが重なって厚みのあるサウンドになり、曲によってはレゲエ風に聞えることもありますね。

LaTounga

Gipsy Kings – Petita Noia

A Ti A Ti – Gipsy Kings

パーカッシブ奏法 応用 1

ギターを太鼓のようにタッタカ・タッタカと叩いて奏でる独特な奏法です。
ゴルペがメインとなりますので、弦のストロークは最低限鳴っていれば良いという感じです。

1        
ストローク    
ゴルペ    
右手の動き 人差し指以下でギターの下側を叩く 人差指の腹でアップストローク 親指でギターの上側をゴルペと同時に人差指以下でダウンストローク 人差し指以下でギターの下側を叩く 人差指の腹でアップストローク 親指でギターの上側をゴルペと同時に人差指以下でダウンストローク
写真 ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ

パーカッシブ奏法 応用 2

応用1を元に、最初の拍でベース弦を弾く方法。

1   2   3   4  
ストローク Bass▼  
ゴルペ      
右手の動き 親指でベース弦を弾くとともに人差し指以下でギターの下側を叩く 人差指の腹でアップストローク 親指でギターの上側をゴルペと同時に人差指以下でダウンストローク 人差し指以下でギターの下側を叩く 人差指の腹でアップストローク 人差指以下で1~3弦あたりを軽くダウンストローク
写真 ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ

パーカッシブ奏法(応用)の例

上記の説明の通り、ゴルペが強く弦のストロークは弱くなるので、大勢で弾く場合は誰か1人か2人くらいがこの奏法で味付けするくらいがいいかもしれません。
Gipsy KingsではCampesinoという曲でメンバーのPabloがこの奏法で弾いており、楽しい雰囲気がプラスされてます。

Gipsy Kings – Campesino

こちらの記事もどうぞ!

ジプシールンバギターの基礎~様々な種類のカポタスト... 歌い手のキーやコードの押さえやすさを考えた時、フレットにカポタスト(略してカポ)をかませてあげると、演奏がとても楽になります。 例えば開放(ノーカポ)でキーがF#mだとします。この場合、コードをセーハして押さえるなどして、演奏者にとっては指等に疲労を生み出す原因になります。そういう場合には2フレッ...
爪は命!フラメンコ系ギタリストの知恵~爪の保護と手入れ... ジプシールンバのギタリストにとって、爪は命です。激しいルンバ・プレイをすると生爪のままでは必ずと言っていいほどどこかしら破損します。その人の弾き方にもよりますが、ゴルペなどを多用するGipsy Rumba奏法では爪のケアという点も注意しなくてはいけません。 とにかく激しいルンバを弾く人は必須!...
実践!ジプシールンバギター奏法 Gipsy Kingsの曲を彼らのように弾いてみたい!と思っている人、結構いるのではないですか? そこまで思っていなくとも、どう弾いているんだろう?と興味を持っている人、これも結構数多いと思います。 奏法解説と言えるかは分かりませんが、そんなヒント、コツをおすそ分けできればと思います。 まあ、...
用途に応じて使い分け!ジプシールンバ用ギターの選び方... ジプシールンバを演奏する上で、どのようなスタイルでギターを弾くのか。自分に合ったギターを探すことも大事です。 素手の生爪を使ってプレイするため、ピックなどを使うロック用エレキギターやスチール弦のギターは当然不向き。 そこでナイロン弦のアコースティックギターを使うわけですが、その用途も様々です。 ...
エレガットギターのプリアンプをFISHMAN Presys Blendに交換する時の作業手順... LIVE演奏などで使い勝手の良いエレガットギター。 ギター弦のサウンドとボディの打撃音などをキレイに拾ってくれるプリアンプ~ピックアップにもいろいろな種類があります。 大勢でジプシールンバを演奏する我々Gipsy Grooveメンバーもこれまで多種多様なプリアンプを試してみました。そして行き...
ジプシールンバ奏法に最適なギター弦とは?購入の参考になる弦のレビュー... ギターの弦(ナイロン弦)と言っても様々なものが存在します。 1セット(1弦~6弦までのセット)数百円の安物から数千円の高級品まで。値段相応というか、弾き比べてみて実感する弦の重要性。クラシック・コンサートギタリストは一度弾いた弦はすぐ張り替えると言われていますが、大勢でルンバを演奏する場合は「切れ...

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です