ジプシールンバギター奏法~ギャロップ奏法

とにかく勢い良く激しさも感じられる、最もGipsy Rumbaらしい奏法です。
ゴルペ音をうまく出すと、まるで馬が走る時の足音の様にも聞こえます。

ギャロップ奏法 基礎 1

イメージ的にはスロー奏法のハイテンポ版といった感じです。
手数はなるべく減らしてゴルペを効果的に入れるようにしてます。
動画ではあえて高速で弾いてます。(こんなに速い曲はあんまりないですが・・・。)

1   2   3   4  
ストローク        
ゴルペ
右手の動き 中指か薬指でゴルペ、同時に親指をダウンストローク 親指でゴルペ。同時に人差指以下でダウンストローク 中指や薬指でゴルペ 人差指腹で軽くアップストローク 親指でゴルペ、人差指以下でダウントローク
写真 ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ

ギャロップ奏法 基礎 2

スロー奏法応用編のハイテンポ版と言ったところです。
(動画で一度ミスってる部分があり消すの忘れました。すみませんm(_ _)m )
手数が増えた分、基礎1みたいに高速で弾くことは難しいですが、ベーシック奏法とうまく組み合わせて効果的にゴルペを打ち鳴らしましょう。

1   2   3   4  
ストローク (▼)  
ゴルペ
右手の動き 中指か薬指でゴルペ、同時に親指をダウンストローク 親指をそのままアップストローク。 できれば人差し指以下で軽く弦を弾く(ちょっと触れる程度) 親指でゴルペ。同時に人差指以下で軽くダウンストローク 反らせていた手を振り下ろし、中指や薬指でゴルペ 人差し指の腹で軽くアップストローク 親指でゴルペ、人差指以下でダウントローク 人差し指の腹で軽くアップストローク
写真 ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ

ギャロップ奏法の例

Gipsy Kings以降のミュージシャンが出すアルバムでは様々な楽器がやアレンジが加えられており、ギターのゴルペの響きがかき消されてしまう傾向にあります。
そこで、Gipsy Kings以前のジプシールンバを聴くとギャロップ奏法がしっかりと聞きとれる曲が数多くあります。

Gitan poete : Jose REYES y Los Reyes

Jose Reyes E Los Reyes - " Duels de Guitares "

Jose Reyes - Tu me rends fou

こちらの記事もどうぞ!

実践!ジプシールンバギター奏法 Gipsy Kingsの曲を彼らのように弾いてみたい!と思っている人、結構いるのではないですか? そこまで思っていなくとも、どう弾いているんだろう?と興味を持っている人、これも結構数多いと思います。 奏法解説と言えるかは分かりませんが、そんなヒント、コツをおすそ分けできればと思います。 まあ、...
ジプシールンバギター奏法~パーカッシブ奏法... ギターのボディーをボンボン叩く、パーカッション効果に特徴を持たせた弾き方です。 明るくてノリの良いルンバの曲でよく用いられます。 パーカッシブ奏法 基礎 1 2拍子系のビートを意識しつつゴルペを強調して弾いてみましょう。 拍 1 ...
Gipsy Kings監修のCordoba製 GK-Studioが一押しギター!!コストパフォーマン... こんにちは、Gipsy Grooveでギターを弾いているKikoです。 ここでは、自分が使っているギターについて、話をしたいと思います。 よく色々な人から、「どういうギターを使っているんですか?」とか「お勧めのギターはありますか?」と尋ねられる事があります。 これ、凄く良い質問なんです。...
爪は命!フラメンコ系ギタリストの知恵~爪の保護と手入れ... ジプシールンバのギタリストにとって、爪は命です。激しいルンバ・プレイをすると生爪のままでは必ずと言っていいほどどこかしら破損します。その人の弾き方にもよりますが、ゴルペなどを多用するGipsy Rumba奏法では爪のケアという点も注意しなくてはいけません。 追記)オススメの瞬間接着剤につい...
ルンバギタリストのための基礎知識・マメ知識など... ジプシールンバギターを学ぶ前にフラメンコギターの基礎知識やギタリストの心得、ギターの選び方なども頭に入れておくと役に立つかもしれません。 以下のコンテンツは参考までご覧ください。 ギターの基礎~フラメンコギター奏法について Gipsy Rumbaのギター奏法の根底にあるのはスペインのフラメ...
ジプシールンバギターの基礎~様々な種類のカポタスト... 歌い手のキーやコードの押さえやすさを考えた時、フレットにカポタスト(略してカポ)をかませてあげると、演奏がとても楽になります。 例えば開放(ノーカポ)でキーがF#mだとします。この場合、コードをセーハして押さえるなどして、演奏者にとっては指等に疲労を生み出す原因になります。そういう場合には2フレッ...

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です