ジプシールンバギター奏法~バラード奏法

哀愁のあるゆったりとした曲に用いられますが、他の奏法とは少し趣が異なります。

バラード奏法 基礎

基本的にはゴルペは最小限に、弦の響きをきれいに聞かせる奏法です。
他の奏法とは違ってあまりルンバっぽくない感じもしますが、スローテンポのバラードなどを奏でる時に少し違った味わいを出すことができます。

1   2   3   4  
ストローク
ゴルペ カッティング
右手の動き 人差指以下でゴルペ、親指でダウンストローク 親指の爪でアップストローク 人差し指以下でダウンストローク 親指の爪でアップストローク 人差し指、中指、薬指でダウントローク親指の付け根付近でカッティング 親指の爪でアップストローク 人差し指以下でダウンストローク 親指の爪でアップストローク
写真 ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ

バラード奏法 応用

基礎の弾き方に加えて4拍目にゴルペを一つ打ち鳴らす奏法です。
ゴルペと同時にベース弦をしっかり鳴らすようにすると効果的です。

1   2   3   4  
ストローク
ゴルペ カッティング
右手の動き 人差指以下でゴルペ、親指でダウンストローク 親指の爪でアップストローク 人差し指以下でダウンストローク 親指の爪でアップストローク 人差し指、中指、薬指でダウントローク親指の付け根付近でカッティング 親指の爪でアップストローク 人差指以下でゴルペ、親指でダウンストローク 親指の爪でアップストローク
写真 ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ ギター奏法イメージ

バラード奏法の例

Gipsy Kings – Tu Quieres Volver

Gipsy Kings – Calaverada

Gipsy Kings – Quiero Saber (Live at Royal Albert Hall)

こちらの記事もどうぞ!

ジプシールンバギター奏法~パーカッシブ奏法... ギターのボディーをボンボン叩く、パーカッション効果に特徴を持たせた弾き方です。 明るくてノリの良いルンバの曲でよく用いられます。 パーカッシブ奏法 基礎 1 2拍子系のビートを意識しつつゴルペを強調して弾いてみましょう。 拍 1 ...
実践!強6連ラスゲアード~ジプシールンバの特徴的な奏法の一つ... ジプシールンバ奏法の番外編として、今回は「強6連ラスゲアード」について学んでいきたいと思います。 参考:実践!ジプシールンバギター奏法 本題に入る前にフラメンコギター奏法におけるラスゲアードはどのようなものかおさらいしましょう。 通常以下のような方法が一般的です。 親指で弦を下か...
ジプシールンバギター奏法~ベーシック奏法... 一番基本となるパターンを練習します。 とりあえずこの形さえマスターすればどんな曲にも対応できます。 ベーシック奏法 基礎 1 弦を弾く手をしっかり上下させてはっきりとした音色を出すよう心がけます。 1拍目(ゴルペ+親指ダウンストローク)と2拍裏の親指アップストローク、...
ジプシールンバギター奏法~スロー奏法... ゆったりと哀愁をこめて、じっくり聞かせたい時に弾くパターンです。 うまくゴルペ音が出せれば、非常に味わい深い響きになります。 スロー奏法 基礎 1 1 2 3 4 5 6 7 8 (タララタララタラ)というリズムを意識して、ゴルペをしっかり鳴らす練習をしましょう。 拍...
実践!ジプシールンバギター奏法 Gipsy Kingsの曲を彼らのように弾いてみたい!と思っている人、結構いるのではないですか? そこまで思っていなくとも、どう弾いているんだろう?と興味を持っている人、これも結構数多いと思います。 奏法解説と言えるかは分かりませんが、そんなヒント、コツをおすそ分けできればと思います。 まあ、...
爪は命!フラメンコ系ギタリストの知恵~爪の保護と手入れ... ジプシールンバのギタリストにとって、爪は命です。激しいルンバ・プレイをすると生爪のままでは必ずと言っていいほどどこかしら破損します。その人の弾き方にもよりますが、ゴルペなどを多用するGipsy Rumba奏法では爪のケアという点も注意しなくてはいけません。 とにかく激しいルンバを弾く人は必須!...

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です