Gipsy Kings ライブ in Paris 客席からの映像~Bamboleo, Volareなど

2014年2月23日にパリの「Palais des sports de Paris」で行われたGipsy Kingsライブの様子を客席から撮影した映像がYouTubeにアップされています。

おそらくライブに訪れていたファンが映した動画と思われますが、すごい時代になったものですね~。
一昔前はコンサートでは絶対撮影禁止、インターネットに公開することもタブーでしたが、最近ではヨーロッパで行われるコンサートなど撮影OKにしているところも多いです。

おかげで、日本にいながら彼らのライブの雰囲気を楽しむことができるわけですが。

GIPSY KINGS – Palais des sports de Paris – Volare & Baila Me

映像が結構きれいなのでおそらくスマホとかじゃなくてちゃんとしたビデオカメラで撮ったものと思われます。

ボーカルNicolas、貫禄たっぷり。
もはや昔のようにギターを持って歌ったりしない。
まるで指揮者のように手でジェスチャーしながら歌うのが最近の特徴です。

ギターのメンバー、向かって一番左にひょろりとした若い男がギターを弾いています。
彼は誰かの息子だろうか?詳細は不明。

他に、Andre、Tonino、Paco、Pablo。
CanutやPatchaiの姿がないのが少しさびしい。

お客さんがステージに上がって踊りまくるのは自由でいい感じ!

GIPSY KINGS – Bamboleo au Palais des sports de Paris

おそらくコンサート最後の曲「Bamboleo」。
イントロのアレンジが面白い。

それにしても彼らの演奏スタイルは良くも悪くも、昔から大体同じ。
グラミー賞取ろうがアルバムが1800万枚売れようが変わらない。

それに対してNicolasは
「我々は成功した。だけど自分たちの習慣は変わらないよ。家にいる時は普通に子供たちとボール遊びしたり、カマルグの闘牛場で闘牛見たりしてるよ。」
と語り、マイペースぶりをアピールしています。
Radyonne fmより)

こちらの記事もどうぞ!

ChicoとGipsy Kingsメンバーが新曲を発表「Gipsy Kings & Chi... ここ最近Chico & the GypsiesのライブにGipsy KingsのメンバーでもあるPablo Reyes、Patchai Reyes、Canut Reyesが頻繁に出演し、YouTube動画でもその様子を見ることができます。 この3人とChicoの4人が「Gipsy Kings & ...
イケてるストリートバンド。オーストラリア・メルボルンの「La Rumba」... オーストラリアのメルボルンを拠点に活動しているジプシールンバユニット、その名も「La Rumba」。 オーストラリアのGKトリビュートバンドとしては唯一とも言える「La Rumba」は、2009年の後半に結成され、地元メルボルンのストリートやバーなどで定期的にパフォーマンスを行っています。 ...
もしかしたら今年のチコジプ来日公演はジプキンのメンバーが半数を占めるかもしれない... 今年2年ぶりの来日を果たしたGipsy Kingsですが、オリジナルのメンバーがNicolasとToninoのみで、あとは彼らの息子や孫などが参加。最近はこのメンバーでのツアーが定番となっています。 https://www.gipsygroove.com/bandblog/gipsykings...
Gipsy Kingsのトリビュートバンドによる「Bem Bem Maria」完コピライブ映像... Gipsy Kingsをリスペクトしてカバーする、いわゆるトリビュートバンドは海外では結構多いです。 バルセロナを拠点にアーティストのプロモーションやマネージメントなどを行うエージェント「BEBA 33 SL」がYouTubeにアップした映像に、すご腕のGKトリビュートバンドが登場しています。 ...
海外タレント斡旋サイトに登録されている5つのGipsy Kingsカバーバンド... アメリカを拠点にあらゆるジャンルのミュージシャン、グループを斡旋しているエンターテイメント専門のタレント事務所があります。 BEST ENTERTAINMENT INCというズバリな名称の総合マネージメントオフィスで、WEBサイト(bestliveentertainment.com)に登録され...
グラミー賞を受賞したGipsy Kingsが見過ごされている2つの理由... Gipsy Kingsの2013年にリリースされた新譜「Savor Flamenco」がグラミー賞の最優秀ワールドミュージックアルバムを見事に受賞しました。 しかし「ダフトパンク」のようなフランスを代表するエレクトリック・ハウスミュージックのグループに勝利するにはまだまだ困難であると、仏フィガ...

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です