Gipsy KingsのAndré Reyes率いるバンドがバルセロナでコンサート

最近のGipsy Kingsはオリジナルメンバーがそれぞれ別のグループで活動したりと、マニアックなファンからすると「崩壊」気味なのが否めません。
NicolasとToninoが一応現在のGipsy Kingsの母体を引っ張る形で、CanutやPablo、PatchaiはなんとChico & the Gypsiesのライブに参加。

見に行ってきました!Gipsy Kingsライブ@Bunkamuraオーチャードホール

もしかしたら今年のチコジプ来日公演はジプキンのメンバーが半数を占めるかもしれない

そしてもう一人の重要なジプキンメンバーの一人であるAndré Reyesはどうしてるんだろうーと思っていたらこんな映像がアップされてました。

Gipsy Kings V Festival Jardins Pedralbes Barcelona 2017

去る6月30日、Andréがリーダーのグループがバルセロナで行ったライブ映像です。

ライブFULL映像はこちら↓
André Reyes de GIPSY KINGS – Concierto completo – V Festival Jardins Pedralbes

バルセロナで定期的に開催されている野外音楽祭「FESTIVAL PEDRALBES」公演の一環のようです。

FESTIVAL PEDRALBES 2017

名目上はアンドレ率いるバンドのコンサートという感じですが、アンドレのソロライブというより「Gipsy Kingsのアンドレのコンサート」と銘打ってしまえば、そりゃお客さんも集まりますよね。

「Gipsy Kings」というバンド名とVolareやDjobi Djobaなどのメジャーな曲の演奏が聞ければ、マニアックなファンじゃない限りメンバーがどうあれそれはGipsy Kingsそのもの。
ネームバリューおそるべし。

メンバーを見ると、もう一人のリードヴォーカルはChico Castilloというミュージシャン。

アラブ風のジプシールンバでおなじみ「Arabina」のリーダーでもある人で、ソロ活動でもあちこちで活躍してます。

Alabina Chico Castillo Yalla Beena Yalla Musica española y arabe

今やいいオジサンですが、若いころにはオリジナルでメロディアスな曲もやっていたりと個人的に好きなミュージシャン。

Chico Castillo & Gipsy Sound Batucada

このコンサートではAndréとChico Castilloという二人がメインという構図ですね。

そしてリードギターを務めるのはMario Reyes。
現在チコジプでヴォーカルを務めるJoseph Gautierの義理の弟でもあり、チコジプメンバーとして以前は活躍し、何年か前には久しぶりの来日も果たしました。ジプシールンバのリードギタリストとして方々で活動していますが、今回はAndréのグループに参加して味のあるギターを披露してます。

ずいぶん恰幅よくなったな~。

サイドに立つ若手のギタリストたちもどこかで見たことあるような。
向かって一番左はAndreの息子のThomas Reyes。
右から二人目はYacine Dahmaneというギタリスト。
一番右はAndréの甥っ子のKakou。
3人とも歌えるギタリストだけど、中でもYacine Dahmaneはかなりの実力派。

バックを固めるミュージシャンはスペイン人なのだろうか、タイトでキレのあるプレーで安心感があります。

Gipsy Kingsのポピュラー曲はもちろん、Arabinaの曲やスペインでも人気のあった歌手Manzanitaの曲なども披露。観客も大満足の様子です。

Gipsy Kingsのハイトーンコーラスとして知られるAndréさんですが、さすがに昔のようなわけにはいかず、キーは落とし気味。しかし独特のしゃがれ声というかカスレ声はやっぱりジプシーヴォイスとも言えますね。

André Reyesがリードヴォーカルを取る曲は幾つかありますが、やはり男性とは思えないほどのハイトーンが特徴的。

André Reyes – Amor Sincero 2016 (teaser)

André Reyes et Consiglia Licciardi – Alma Latina

Gipsy KingsのCaminando por la Calleという曲はリードヴォーカルがNicolaで、ダダダディドダ~と、かなりのハイトーンで歌ってますが、それをハモッて更に高音で歌うAndréってスゲェと思ったものです。

Gipsy Kings – Caminando Por la Calle (Live US Tour ’90)

話がそれましたが、GK本体とは離れて楽しそうにコンサートをするAndréと独自の色を持つChico Castillo。
Gipsy Kingsがメジャーになったころから活躍し、今や味わい深い年配ミュージシャン、そしてスタイリッシュでテクニカルな若手の台頭、さらに、わきを固めるバックミュージシャンたち。
現在のGipsy Kingsやチコジプもそうですが、Gipsy Kingsという看板を抱えたオジサマたちと彼らを慕う実力ある若手たちによる混合チーム構成が今の南仏ジプシールンバ・シーンの一つの流行りなのかもしれません。

こちらの記事もどうぞ!

ChicoとGipsy Kingsメンバーが新曲を発表「Gipsy Kings & Chi... ここ最近Chico & the GypsiesのライブにGipsy KingsのメンバーでもあるPablo Reyes、Patchai Reyes、Canut Reyesが頻繁に出演し、YouTube動画でもその様子を見ることができます。 この3人とChicoの4人が「Gipsy Kings & ...
海外タレント斡旋サイトに登録されている5つのGipsy Kingsカバーバンド... アメリカを拠点にあらゆるジャンルのミュージシャン、グループを斡旋しているエンターテイメント専門のタレント事務所があります。 BEST ENTERTAINMENT INCというズバリな名称の総合マネージメントオフィスで、WEBサイト(bestliveentertainment.com)に登録され...
Gipsy Kingsのトリビュートバンドによる「Bem Bem Maria」完コピライブ映像... Gipsy Kingsをリスペクトしてカバーする、いわゆるトリビュートバンドは海外では結構多いです。 バルセロナを拠点にアーティストのプロモーションやマネージメントなどを行うエージェント「BEBA 33 SL」がYouTubeにアップした映像に、すご腕のGKトリビュートバンドが登場しています。 ...
もしかしたら今年のチコジプ来日公演はジプキンのメンバーが半数を占めるかもしれない... 今年2年ぶりの来日を果たしたGipsy Kingsですが、オリジナルのメンバーがNicolasとToninoのみで、あとは彼らの息子や孫などが参加。最近はこのメンバーでのツアーが定番となっています。 https://www.gipsygroove.com/bandblog/gipsykings...
【追悼】Paco de Luciaが残したルンバ曲の幾つかを振り返る... 2014年2月25日。フラメンコギター界、いやフラメンコ全体、いや音楽に関わる全ての人にとって大きな財産を失うことになりました。 Paco de Lucia死去。 その突然のニュースにしばし呆然としてしまいました。 まだ66歳。亡くなるには早すぎる。 しかし運命には逆らえない。 今...
Gipsy Kings ライブ in Paris 客席からの映像~Bamboleo, Volareな... 2014年2月23日にパリの「Palais des sports de Paris」で行われたGipsy Kingsライブの様子を客席から撮影した映像がYouTubeにアップされています。 おそらくライブに訪れていたファンが映した動画と思われますが、すごい時代になったものですね~。 一昔前は...

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です