ジプキンワールドへのいざない【1】Gipsy Kingsって知ってる?

Gipsy Kings(ジプシーキングス:以下略して ジプキン)を知っている、聞いたことがある、という人は、ここ日本でも相当な数に上ると思います。
かなり大雑把な感情ですが、日本人口約1億3前万人の4分の1位、つまり約3千万人ほどはジプキンの曲をどこかしら耳にしているのではないだろうかと考えてます。
無論、そこまでのアルバムセールスがあるわけではないのですが、彼らの曲はマスメディアで使用される頻度が非常に高く、テレビやラジオでも頻繁に見たり聴いたりする機会が多いのです。

淡麗 極上<生>[発泡酒]
Source:KIRIN 淡麗 極上<生>[発泡酒]
ここ日本で最も知られている彼らの曲は、言うまでもなく「Volare(ボラーレ)」です。
途中別の曲に変えられたり、日本人歌手のアレンジで歌われたりもしたけど、キリン発泡酒「淡麗」のテーマ曲としてCMで長年使用されています。
テレビを付ければ必ず耳に飛び込んできた、と言って良い、青い空・夏・汗が良く似合う、馴染みの曲です。
元々この曲はイタリアのカンツォーネで、ジプキンはそれをカヴァーした訳ですが、もはやこれはジプキンの曲と言っても差し支えないでしょう。
つまり、それくらいジプキンのカラー(色)に見事に染められて、自分達の曲にしてしまっているということです。

淡麗極上 <生> 「まっすぐに 一本道」篇 30秒

そしてもう一曲忘れてならないのが、「Inspiration」。
これは、1989年に中村吉右衛門主演で始まった鬼平犯科帳 (テレビドラマ)のエンディングテーマとして使用されていました。
残念ながら2016年末を持ってフィナーレを迎えることになりましたが、エンディングのテーマ曲は一貫してこの曲が使われていました。
一見ミスマッチな池波正太郎作品の世界観とジプキンの世界観。
しかし、この二つの組み合わせが絶妙なマッチングを見せ、時代劇ファンのみならずテレビ放送を見たすべての人に対して「時代劇とジプキン」を見事に結び付けてしまったのです。
また逆も然りで、ジプキンファンの中にも、池波ワールドに引き込まれた人は数多いることでしょう。

鬼平犯科帳 第4シリーズ ED 時代劇

曲の指定は原作者の池波正太郎さん本人と言われている。時代劇のエンディングにこの曲を持ってきたセンスに脱帽。

また近年にはUCCコーヒーのCMにマイウェイが使われていますね。
世界のコーヒー生産地で大事に育てられたコーヒーが、遠く離れた場所に住む人たちにおいしく飲まれる、そんなドキュメンタリードラマのような素敵なCMです。
映像の美しさとジプキンが奏でるドラマチックなマイウェイ(A mi manera)の演奏が見事にマッチしています。

UCC コーヒー CM ソング マイ・ウェイ

他にも数多くのCM、ドラマ、バラエティなど、マスメディアでのジプキン起用は膨大で枚挙に暇がありません。
という訳で、日本国民の3分の1程度はジプキンの曲を耳にしたことがあるという私見も暴論ではないと確信しています。

では、ジプキンのことを詳しく知っているという人は、ここ日本に一体どれくらいいるのでしょうか?
また、ジプキンの曲を彼らのように演奏する人はどれくらいいるのでしょうか?

途端に数が激減するはずです。

ジプキンはポピュラーでメジャーな存在(と言って良いと思うが…)であるにも関わらず、その割には伝わってくる情報量が少なく、また誤った情報も多数混ざっています。
曲は親しみやすいけど、演奏しているジプキンそのもののことは良く分からない、そんな現状ではないでしょうか。
こうした事情が、ジプキンを聴いて興味や愛着を持った人にとっては、そこから先のジプキンワールドへ進む際の障壁になっているのでは?と思うのです。
かくいう筆者自身、そうした経験があります。

では、ジプキンワールドへの確かな道しるべとなるべく、今一度ジプキンにまつわる情報ついての簡単な、しかし、意外と重要なおさらいをしてみましょう。
これを読んで、ジプキン及びその周辺音楽への興味と理解が少しでも深まっていただければ、幸いです。

こちらの記事もどうぞ!

世界へと伝わるマニタスのギター演奏... 徐々に有名になったマニタス。 本人が望んだわけではなかったのですが、ついに世界へ羽ばたく時が来ました。 ここではあれこれ説明を加えるより、日本盤CD「ジプシー・フラメンコ」のライナー・ノーツをそのまま引用したほうがよいでしょう*6)。米国のプロデューサー、E・アラン・シルバーの文章です。(一部要...
ジプシールンバとは? スペインのフラメンコにキューバのルンバ音楽がミックスされた「ルンバ・フラメンカ」。 主にスペインのカタルーニャ地方で流行ったこの音楽を、さらに南フランスのジプシーミュージシャンたちが独自に発展させたのがジプシールンバとも言えます。 リズムとグルーヴ感を際立たせ、大勢でギターを弾き、歌うその演奏ス...
サントマリー・ド・ラ・メールで新たな出会いを... マニタスとホセの出会いから半世紀経過した今。 アルルとモンペリエのミュージシャン*20)の出会いは、私たちに素晴らしい音楽を残してくれました。 時代が経過し、着々と世代交代が行われています。 今や私たちはYoutubeやFacebookなどを通して若い世代の優れたミュージシャンを数多く知る...
ジプシールンバって何?【5】アート or エンターテイメント?... 乱暴なな言い方をすれば「フラメンコはアート」であり、「ジプシールンバはエンターテインメント」と捉えてよいのではないでしょうか。 両者の決定的な違いがコンパス(拍の定型)、ギターの演奏パターンの違いにあるということは述べたし、音楽の性質も全く異質のものであることも明白です。 更に見方を変えてみると...
マニタスから離れたホセがJose Reyes y Los Reyes結成。ジプシーキングスのルーツと... 1963年の世界デビュー以来、マニタスは精力的にアルバムを発表していきました。 それらのすべてのアルバムにホセは参加していましたが、1974年になって、ホセはマニタスをゲストに迎え、自分の息子達、ポール(Paul)、カヌー(Canut)、パチャイ(Patchai)、ニコラ(Nicolas)を従え、...
すべてはサント・マリー・ド・ラ・メールから始まった... 南フランス、カマルグ湿地帯にある海沿いの町、サント・マリー・ド・ラ・メールで毎年5月に開かれるジプシーたちの巡礼祭。 ジプシールンバの礎を築いたギタリストのマニタス・デ・プラタと歌い手のホセ・レジェスはこの巡礼祭で共演し、フランスで評判となった後、やがて世界へと羽ばたいていきます。 後にジプシー...

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です