ジプキンワールドへのいざない【3】Gipsy Kingsにまつわるガセネタを斬る!後編

世の中に誤って広められている(かもしれない)ジプキンに関する知識を訂正していくコーナーの後編です!
それでは引き続き行ってみましょう~

ジプキンのReyes兄弟について

  • (誤)Nicolasの方がPatchaiより年上
  • (誤)NicolasとPatchaiは双子
  • (正)Reyes家の兄弟順はPaul、Canut、Patchai、Nicolas、Andreの順である


CanutとPatchaiは年子であって、ジプキンのReyes兄弟には双子はおりません。

ややマニアックな域に入ってきましたが、彼らの兄弟構成はどうなってるのか?という疑問をたまに抱いたりする人がいるかもしれませんので、ここでおさらいしてみました。

ちなみに、Reyes兄弟にはバンドに参加していない姉妹もいるわけですが、Nicolasのすぐ下に妹がおり、彼女の夫となったのがJahloul “Chico” Bouchikhiです。ジプキンを途中脱退し、Chico & the Gypsiesを結成しました。
Chicoは顔が他のメンバーに似てないため血がつながってない!と言われることがありますが、確かにその通りで、義理の兄弟というつながりです。

ジプキンのグループとしての変遷について

  • (誤)Gipsy Kingsには2グループある(あった)
  • (正)Gipsy Kingsはグループの変遷、歴史がややこしいが1グループである

1970年代、Reyes兄弟の父であるJose Reyesが、息子Paul、Canut、Patchai、Nicolas達と「Jose Reyes y Los Reyes」を立ち上げ、活動。(Andreはまだ幼少だったため参加していない)

1979年、父Joseが癌により早逝したため、Jose Reyes y Los Reyesから「Los Reyes」にグループ名を変更。
Reyes家の兄弟達と義理の兄弟であるChico BouchikiでLos Reyesは構成されています。
活動を継続しますが、どうも、この時期あたりからメンバーの出入りがちょこちょこと発生しているようです。
(ジプキンに限った事ではなくジプシールンバのミュージシャン・グループは、メンバー構成が流動的なのです)

このメンバー構成・グループでの活動に変化が起きるのが、良く知られているBaliardo家の兄弟との合体です。
Reyes家、Baliardo家と言っても同じ姓が大勢いるので、それぞれの兄弟達のファーザーネームを冠して便宜上、J.Reyes家(父Joseの意)、N.Baliardo家(父Napoleonの意)と定義することにします。
この両家の合体は、Chico BouchikiがTonino Baliardoの才能に惚れ込み、何としても一緒に演りたいと思っていた、というのが真相のようですが、ともあれ、アルル地方の音楽名家J.Reyes家とモンペリエ地方の音楽名家N.Baliardo家の各兄弟は合流します。

と、ここですんなりGipsy Kingsへ発展していくのであれば何も問題はないのですが、J.Reyes家の兄弟達の従兄弟にあたる、P.Reyes家(Papa Jean Reyesの息子達、Papa
JeanはJose Reyesとは兄弟)の兄弟とも合流することになります。

Los Reyesのグループとしての経歴では、J.Reyes家、N.Baliardo家、P.Reyes家の兄弟達がごちゃごちゃに混ざって正確なメンバーは把握できません。
のちにGipsykingsとして活動を開始した折には、Paul、Canut、Patchaiらは、GipsykingsとLos Reyesを行ったり来たりしていている、なんてこともありました。
こういう状態を鑑みると、彼らは元々「グループ」という概念が薄いように思えます。
「グループ」以前に「ファミリー(一族、家族)」であるので、演奏して生活の糧を稼ぐ場があれば、どのグループで、どういうメンバー構成で活動するにしても、あまり関係なかったのかもしれません。
Los Reyesという枠組みは残しつつ、Gipsykingsというグループを立ち上げ、同時進行させるという状況だったのでしょう。
(後述しますが、ジプキンは最初「Gipsykings」という単語がつながったユニット名で「Gipsy Kings」ではありませんでした。)

あまり良くない言い方だけど、どちらにも在籍しつつ、おいしい話には首をそれぞれ突っ込みながら、日銭を稼ぎつつ、演奏活動を繰り広げるということだったのかもしれません。
この3家族の兄弟達以外にも、この枠組みに入ってくる人物としては、Los ReyesにはJulio Romero(現Gitano Family)、Gipsy kingsにはNino Baliardo(Hypolitte Baliardoの息子)がいます。

一応それぞれのスタンスの違い(のようなもの)があります。
Los ReyesはPaul、Canut、PatchaiらのJ.Reyes家の年上の兄弟とP.Reyes家の兄弟達が中心であり、GipsykingsはNicolas、AndreらJ.Reyes家の年下の兄弟とN.Baliardo家の兄弟達が中心になって活動していきました。
これは、あくまで漠然としたイメージ・感覚に過ぎませんが。
そしてGipsykingsというグループ名をGipsy Kingsと二単語に分けて「名前をひらいて」メジャーデビュー。以降の活躍は周知の通りですね。

参考:Reyes家とBaliardo家の家系図

上で名前の挙がった人物には赤枠がついております。
正確ではない部分もあるかと思いますが、だいたいのファミリー構成が把握できるかと思います。

Los ReyesおよびGipsy Kingsのおおよそのヒストリーを見ることができる動画も併せてご覧ください。
Los Reyes (Gipsy Kings) – Historia and contemporaneity

こちらの記事もどうぞ!

サントマリー・ド・ラ・メールで新たな出会いを... マニタスとホセの出会いから半世紀経過した今。 アルルとモンペリエのミュージシャン*20)の出会いは、私たちに素晴らしい音楽を残してくれました。 時代が経過し、着々と世代交代が行われています。 今や私たちはYoutubeやFacebookなどを通して若い世代の優れたミュージシャンを数多く知る...
ジプシールンバって何?【1】 フラメンコとは似て非なるもの... ジプシールンバはフラメンコギターを弾き、パルマ(手拍子)、カンテ(歌)、ハレオ(掛け声)などの要素が交じり合って奏でられる音楽です。 それは、音楽的特徴を見てもフラメンコから産み出されたものであることは、一目(一聴)瞭然ですね。 では、フラメンコとジプシールンバは同じものと考えて良いのでしょ...
マニタスから離れたホセがJose Reyes y Los Reyes結成。ジプシーキングスのルーツと... 1963年の世界デビュー以来、マニタスは精力的にアルバムを発表していきました。 それらのすべてのアルバムにホセは参加していましたが、1974年になって、ホセはマニタスをゲストに迎え、自分の息子達、ポール(Paul)、カヌー(Canut)、パチャイ(Patchai)、ニコラ(Nicolas)を従え、...
ジプキンワールドへのいざない【1】Gipsy Kingsって知ってる?... Gipsy Kings(ジプシーキングス:以下略して ジプキン)を知っている、聞いたことがある、という人は、ここ日本でも相当な数に上ると思います。 かなり大雑把な感情ですが、日本人口約1億3前万人の4分の1位、つまり約3千万人ほどはジプキンの曲をどこかしら耳にしているのではないだろうかと考えてます...
Gipsy Kingsアルバム早わかりリスト ジプシールンバを語る上で「Gipsy Kings」の存在は欠かすことのできない存在。むしろ「Gipsy Kings」という一つのジャンルを確立していると言っても過言ではありません。 彼らはこれまで様々な楽曲を制作し、何枚ものアルバムをリリースしてきました。 しかしどの時期にどんなアルバムを出...
ギターの名手、マニタス・デ・プラタと歌の名手ホセ・レイエスの出会い... そのサント・マリーから更に西へ100キロほどのところに、モンペリエ(Montpellier)という町があります。 ここに素晴らしい早弾きのフラメンコギター奏者がいると、ジプシー仲間で有名でした。 名前をリカルド・バリアルド(Ricardo Baliardo)といい、その優れたギターテクニックから...

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です