Chico & the Gypsiesのライブを見に行ってきました!

月曜の夜に東京青山にあるBlue Noteで開催されたChico & the Gypsiesのライブをメンバー5人で見に行ってきました!

img_4882

ほぼ毎年同じ時期に来日するのが恒例となっているチコジプですが、なんと今年はGipsy KingsのメンバーでもあるCanut Reyesがチコジプのメンバーとして参加するというサプライズ付き!
今年からチコジプのライブ映像にCanutがチラホラ映るようになり、最近出た新譜にも彼がメインヴォーカルを取る曲が収められていたりして、これはまさか日本にも来るんじゃ?と期待していたところ、バッチリ期待に応えてくれた形となりました。

何を歌ってくれるんだろう?とワクワクしながらライブの当日。
我々は一番前の座席のステージ向かって左側に座ることができました。なぜならCanutが一番左側にいるとの情報があったため。かぶりつきで見てやろうということで。

img_4883

ライブが始まるとまずキーボード、ドラム、バイオリン、ベースの各メンバーが入場。イントロを奏でます。
彼らの安定したリズムと伴奏がチコジプの最近の活躍に大きく貢献してるのは言うまでもありません。
リズムセクションがしっかりしてるバンドはほんと安心してみてられます。

その後いよいよギターのメンバーが入場。
向かって右から順にKassaka、Chico、Mounin、Kema、Joseph(通称Pepino)のおなじみメンバーに加えCanut!!やっぱり一番左でした。
2メートルほど先にあのカヌートがいてギターを弾いて歌ってくれるなんて、夢のようです!
しかしさすがに連日長時間のライブはきついと見え、椅子に座っての演奏でした。若かりし日のCanutの映像は嫌というほど見ましたが、あの頃とはもう違うのだなと少し感慨深くなりました。

気になるセットリストですがこんな感じでした!

01 Un amor
02 Allegria
03 Baila me
04 Amor de mis amores
05 Pharaon
06 Amor d’un dia
07 Me rindo ante ti
08 Adios Nonino~Libertango
09 Djobi Djoba
10 Bamboleo
11 Volare
12 A mi manera

ほぼジプシーキングスの曲が占めてますが、詳しくない人にとってはやっぱり耳なじみのある曲がいいんでしょうね。
うちらのようにマニアックなファンとしてはもっと彼らのオリジナルやアルバムに入ってた曲をやってほしいところですが。

とはいえ、パフォーマンスは文句なし!最高です!

1曲目~3曲目はおなじみのGipsy Kingsの名曲。4曲目はチコジプの最近のアルバムに入っていたカヴァー曲。5曲目はこれまたGipsy Kingsの定番ギターインスト。Kemaのギター炸裂。途中でブレイクするアレンジがおいしすぎました。

6曲目、ついにCanutのリードヴォーカル!
生で見るのは前回来日した2001年以来。実に15年ぶり?
歌はコアなファンにとっては涙モノの「Amor d’un dia」。メジャーデビュー前のGipsy Kingsのアルバムに収録されてましたが、その哀愁あふれまくりの旋律とドラマティックな展開がいかにもCanutらしく、この曲を聴いてGipsy Kingsにのめりこんだという人も多い隠れた名曲。実はうちのヴォーカルKGもその一人です。
年を重ねて円熟しきったCanutの歌声はまさにジプシーの魂そのもの。鳥肌ぶるぶるさせながら聴かせてもらいました。感動!

7曲目、Me rindo ante tiはKasakaがリード。もはや彼の十八番ですね。Gitano Familyでよく来日していた時も必ず歌ってました。
原曲は米国のヴォーカルグループBoyz II Menの「On Bended Knee」っていう曲です。
それをスペインの歌手Pitingoがスペイン語にアレンジして流行した曲をKasakaがさらにカヴァー。
日本で演奏する時は間に「千の風になって」を挿入するのが定番です。しかしいまだに「千のかーぜーに~」のところを「せねのかーぜーに~」と歌ってしまうのは直ってないようで 笑。
相変わらずのスウィート&ゴージャスな歌声を披露してくれました。

個人的に好きなのはバイオリンPeeWeeのソロコーナー。今回8曲目にアストル・ピアソラの名曲をバイオリンアレンジで楽しませてくれました。
彼のお茶目な動きとピエロみたいなおどけた仕草に毎回会場が大爆笑。Chico大将はちょっとあきれた様子ですが、それも演出でしょう。
演奏はもちろん一流の技。魅せてくれますね~!途中からギターKemaと絡んでのLibertango超高速フィニッシュは圧巻でした。

9~11曲目もおなじみジプキンナンバー。これも鉄板ですね。
定番すぎる曲も毎回違ったアレンジで楽しませてくれるのが僕らマニアックなファンとしてはうれしいところです。
Djobi DjobaのKasakaのハモリ、Bamboleoのベースのフレーズ、Volareのおしゃれなイントロなどなど・・・、そういうマニアックなところに「もえ~」となったりしました。

ノリノリの曲の時はステージからのあおりを受けて席を立って踊るのがこのライブの鉄則。というか言われなくても立ち上がっちゃう楽しさですが、その都度パルマで裏打ち入れまくったり、一番前で見ていたダンサーRioちゃんは踊りまくり。
ステージ上の出演者もなんかこのテーブルの客は様子が違うぞ、と思ったことでしょう。たまーにチラチラこちらを見てニコニコしてました。
で、Bamboleoの時についにCanutがRioを「ここで踊れ」と手招きしてくれるじゃありませんかー!
さすがに格式あるBlue Noteのステージでそれはまずいかと思うも、Canut自らステージ上の自分のギタースタンドをどけて「さあここで踊れ!」と。
そこまでされたら出ないわけにはいかない!ということでついにRioがステージ上に!うわー!
一瞬会場がどよめいて、ステージ上が華やかになったけどすかさず警備員から注意を受けて下ろされてしまいました・・・。

ところが!その様子に反抗するCanutとベースのTony。
「いいんだよ、踊らせてあげて!」と警備員に合図して「ミュージシャン公認!」のお墨付きを頂いて再びステージで踊り始めるRio!
奇跡が起きました!!
チコジプのステージで、しかもCanutの前でしっかりジプシールンバを踊ってパルマ叩ける日本人はそういないと思いますよ。
(バンマスのChicoはあんまりそういうことしないし、ほかの若手メンバーも勝手にそんな真似はしないのですが、Canutの前に陣取ったことが功を奏しました。)

やっぱりこれがジプシールンバの醍醐味だと思うんですよね。
格式とか変なプライドとかはジプシーたちにはあんまり関係のないこと。その時楽しく演奏して、見ている人も一緒になって歌って踊ることが何より大事だと考えているはずです。

超ノリノリのBamboleoで会場が熱気に包まれ、さらに客席からダンサーが踊り出たことで一体感がさらに強固なものに。
最高の瞬間でした!

最後のアンコール曲はおなじみA mi manera(マイウェイ)。
Gipsy Kingsのヒット曲でもあるこの歌をCanutがまた歌ってくれたんです。涙モノです(ToT)。
Canutならではのしゃがれた味わい深い歌いまわしは、熱く心にグッとくる響きです。
PeeWeeがバイオリンでソロを弾きながら会場を練り歩き、2番はKasakaがキレのある歌声でびしっと締めます。
いや~ほんと素晴らしい。

※ライブ中の写真やレポートはBlueNoteのサイトで見ることができます。
CHICO & THE GYPSIES @BLUE NOTE TOKYO

終演後、顔見知りでもあるKasakaと挨拶を交わし、KemaはMarioのことを覚えていたようで「あとで楽屋に来て!」とありがたいお言葉。
Marioが南仏サントマリードラメールのお祭りに行ったときにKemaと一緒にプレイしたことをちゃんと覚えてくれていたようです。

そんなわけでさっそく楽屋に潜入させてもらいました!

MouninやKema、そしてCanutと一緒に写真を撮らせてもらったりして感激でした!
Kemaはギターを日本で買いたいみたいで楽器屋を探してるようなので、お茶の水の楽器屋などを教えてあげたりしました。

15259595_1333261993351727_1179785600288314736_o
↑楽器屋を教えてあげるMario。なんか逆にサインをしてあげてるみたいですね 笑。

 

img_4874
↑Mouninと一緒に!

 

img_4876
↑Canutと記念撮影するRio

 

img_4879
↑超気さくなKema!ナイスガイ。

 

img_4880
↑誰とでも笑顔で写ってくれます。

 

15203227_957447351027427_2053656158601964289_n
↑どっちとも外タレに見えるんですけど・・・。再会して幸せそうなMarioとKema

 

riocanut
↑Canutがテーブルを叩いて即興で歌を歌う横でまたもや踊りまくるRio。

 

そんなわけでライブも素晴らしかったですが、楽屋に入らせてもらったことも思わぬサプライズ。満足度200%の夜となりました♪

Jose ReyesやManitas de Plataの時代から南仏ジプシールンバ隆盛が始まり、演奏スタイルを確立させたGipsy Kingsからさらに洗練された現在のチコジプは、ある意味「ジプシールンバの完成形」と言っていいと思います。
今ノリノリの彼らの音楽を手本にして、我々Gipsy Grooveも精進して良いライブができるように頑張り楽しんでいきたいと思います!

こちらの記事もどうぞ!

2016年・初ライブはSecond Step!そして今年のテーマは?... 今年初めてのライブは神田のライブバー「Second Step」にて! KG、Kiko、Luis、Rio、そしてベースの竹田さんの5人で盛り上げて来ました~! お客様より写真提供して頂きました m(_ _)m リードギター不在でしたがなんのその。いつものノリと勢いで最後までグルーヴィーに楽し...
ライブ@大磯CHAIRO GGメンバーの所在地は千葉、東京、神奈川とあちこち分かれており、それぞれライブを企画する「持ち場」みたいのがある。 千葉在住で横浜勤務のKGは千葉と横浜、西東京在住のKikoは国立や国分寺などなど。 で、今回はわたくしLuisの企画。場所は地元大磯。 たまに食べに行ってたCHAIRO Curr...
ROMANtic Camp Vol.2 レポート 大分時間が経ってしまったけど、先日10/23に開催された「ROMANtic Camp Vol.2」のレポートをちょこっと記しておきます。 -------------------- 今回で2回目を向かえる同タイトルのイベント。Gipsy GrooveとベリーダンサーのKIKIさんのコラボレーション企画...
ライブ@関内155diner 先日は横浜・関内にある「155diner」というお店でライブでした。 KGの知り合いでソロシンガーの坪井奈津樹さんに声をかけて頂き、コラボでのライブとなった。 当日はお笑い芸人の若者が司会進行をやってくれていつもと違った雰囲気に。 こういうコラボな企画もたまにはいいね。 若手お笑いコンビのネタで...
ニューアルバム「El Camino」発売記念ライブ@六本木ピンクカウ... やっと完成したGipsy Grooveのニューアルバム「El Camino」のレコ発ライブを六本木に移転したNEWピンクカウでやってきましたよ~ レコーディングには1年半くらい費やしただろうか。 ほとんどMario氏の「Exit Music Lab.」にてレコーディングが進められ、お金をあんまりか...
2014年を振り返って 毎年この時期の決まり文句ですが・・・ あっという間の一年でした!! 昨日は恒例の忘年会ライブ@EL PUENTE 大変盛り上がりました! 今回はギタリストたちが多く集まり、日頃のうっぷんをはらすべく(?)みんなでギター弾きまくりの楽しい夜となりました。 もちろんGipsy Groo...