ChicoとGipsy Kingsメンバーが新曲を発表「Gipsy Kings & Chico – La Guapa」

ここ最近Chico & the GypsiesのライブにGipsy KingsのメンバーでもあるPablo Reyes、Patchai Reyes、Canut Reyesが頻繁に出演し、YouTube動画でもその様子を見ることができます。
この3人とChicoの4人が「Gipsy Kings & Chico」というユニット名で最近新曲を発表しました。

まずはそのPVをご覧ください。

Gipsy Kings & Chico – La Guapa (Clip Officiel) ft. Rio Santana

夏らしいラテンポップという感じでサビの「グワッパラッパラッパラー」というところが耳に残るキャッチーなナンバーです。
しかし肝心のギターサウンドは控えめで、ダンスビートがきいたヒット狙いの曲という感じです。
ジプシールンバらしさが希薄なのが少し残念ですね。

マイアミのリトルハバナで撮影されたPVではCanutがリードヴォーカルを取り、PabloとChicoもギターで出演しています。
フィーチャリングRio Santanaとありますが、彼はブラジル出身のミュージシャンのようです。
プロダクションの思惑なのかなんなのかよくわかりませんが、アーティストフィーチャリングで売上をあげようという目論見なのでしょう。

PVではPatchaiの姿はありませんが、ライブ動画を見ると一緒に楽しそうに歌ってますね。

Gipsy Kings & Chico – La Guapa [New single]

渋いイメージのあるCanutが「オー!」と手を挙げて歌う様子はちょっとおちゃめ。

Chicoのグループに属す形となった3人のReyesブラザーズ、息子たちと活動をともにし世界ツアーを行うNicolasとTonino、そして独自のグループでライブ活動を行うAndre
それぞれ「Gipsy Kings」という名を冠して別々で活動している状況です。

もともとGipsy Kingsとして一緒に活動していたメンバーが散り散りになってしまったのはちょっと寂しい気もしますが、これはこれで今後の様子を見守っていきたいと思います。

こちらの記事もどうぞ!

もしかしたら今年のチコジプ来日公演はジプキンのメンバーが半数を占めるかもしれない... 今年2年ぶりの来日を果たしたGipsy Kingsですが、オリジナルのメンバーがNicolasとToninoのみで、あとは彼らの息子や孫などが参加。最近はこのメンバーでのツアーが定番となっています。 https://www.gipsygroove.com/bandblog/gipsykings...
海外タレント斡旋サイトに登録されている5つのGipsy Kingsカバーバンド... アメリカを拠点にあらゆるジャンルのミュージシャン、グループを斡旋しているエンターテイメント専門のタレント事務所があります。 BEST ENTERTAINMENT INCというズバリな名称の総合マネージメントオフィスで、WEBサイト(bestliveentertainment.com)に登録され...
2017年11月 Chico & the Gypsies来日情報 今年も例年通り、ブルーノート東京でチコアンドジプシーズの来日ライブが決定しました。 日程と時間は以下の通り。 日程 11/23(木)~11/26(日) 時間 11/23(木)11/25(土)11/26(日) 1st Open 16:00 Start 17:00 / Open ...
Gipsy Kingsライブ映像@CITY WINERY(ニューヨーク)... Gipsy Kingsのデビュー25周年を記念して行われたコンサートが2014年1月24日、米ニューヨークのライブレストラン「CITY WINERY」で行われました。 その時の様子をYouTubeユーザー「UnsteadyFreddie」がビデオに収めています。 最新アルバム「Savor...
【追悼】Paco de Luciaが残したルンバ曲の幾つかを振り返る... 2014年2月25日。フラメンコギター界、いやフラメンコ全体、いや音楽に関わる全ての人にとって大きな財産を失うことになりました。 Paco de Lucia死去。 その突然のニュースにしばし呆然としてしまいました。 まだ66歳。亡くなるには早すぎる。 しかし運命には逆らえない。 今...
グラミー賞を受賞したGipsy Kingsが見過ごされている2つの理由... Gipsy Kingsの2013年にリリースされた新譜「Savor Flamenco」がグラミー賞の最優秀ワールドミュージックアルバムを見事に受賞しました。 しかし「ダフトパンク」のようなフランスを代表するエレクトリック・ハウスミュージックのグループに勝利するにはまだまだ困難であると、仏フィガ...

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です