ディナーショー@千葉アクアエスオロ

先日の金曜日は千葉中央駅の駅ビル1階にあるイタリアン「アクア・エ・スオロ」でディナーショーライブを開催。
Gipsy Grooveが主催というわけではなくて、食べ放題+飲み放題の異業種交流会的パーティーでの演奏を頼まれた形だ。千葉県在住のKGが持つ特殊なツテにより今回のディナーショーへと結びついた。

夕方6時くらいにメンバー(KG、Mario、Luis、Kiko)の4人が集まり、ライブの準備を行う。
お店自体は50人も入ればいっぱいになるくらいの広さで、客席を練り歩く流し風ライブでやることに。
無線を使って音をスピーカーから出す「鵜飼方式」を採用。
鵜飼方式についてはこちらを参照。)

ディナーショー@千葉アクアエスオロ 

 準備も整い、お客さんも入ってきていよいよ演奏開始。
40名ほどのお客さんが入り、既に会場は熱気に包まれていた。
まず数曲板付きで演奏して、徐々に会場を練り歩いた。
フラメンコをやっている女性たちがいて、目の前で演奏。叩くパルマの音でフラメンコの人かどうか分かる。

ディナーショー@千葉アクアエスオロ

一旦休憩を入れて、第二部開始。
今度は最初から練り歩きで会場の端から端まで流していった。
地元のためか、KGがいつもよりハイテンションでお客さんをあおる様子が伺えた。
一人で来られたお客さんの目の前でわざとらしく大声で歌い、強制的にテンションを上げさせたり、若い女性を見つけては顔を近づけて熱唱。セク○ラまがいのギリギリアタックでほかのメンバーが静止する場面も。
あとでそのことをKGに注意すると「セ○ハライブだな!ガハハハ」と全く意に介してない様子。
音楽をやってなければただのタチの悪いおっさんだが、確実にお客さんの熱狂ボルテージもヒートアップしている様子なので、良しとしよう。
こういうライブはやっぱりみんなが楽しく盛り上がってくてなんぼなんで、このKG的アゲアゲメソッドは必要不可欠なのかもしれない。ただし理性の範囲内で◎

そんなこんなでいつになく賑やかになった会場をさらに盛り上げさせるイベントが。

なんとこの日、このお店の店長さんが誕生日ということで、サプライズでケーキなどを用意しており、我々が演奏で花を添えるという企みごとを実行した。
店長さん、半分このことを知っていたのかもしれないけど、積極的に裸になり、スタッフが用意したブリーフパンツをはいて急激に「本日の主役」化を果たした。
ローソクを吹き消すどころかケーキはなぜか店長の顔に擦り付けられ、GGの演奏する「Cumpleanos Feliz」をBGMに会場中のお客さんと一人ずつ握手。
なにやらへんてこな展開になってきたが、かなりこの状況がおもしろかった。

ディナーショー@千葉アクアエスオロ

休憩をはさんでさらにもう一部ライブを披露。
アンコールなども頂き思う存分楽しむことができた。
最後にフラメンコの女性たちにセビジャーナスやブレリアを踊ってもらいお開きとなった。

最後のほうは床にケーキやワインが散乱するようなひどい状況だったけど、こういう型にはまらないパーティーは楽しいですな。
また次回あればぜひお呼ばれされたいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です