ライブ@長野・ツリーハウスイベント

この前の土日は長野県の大町市にある「森のくらしの郷」でツリーハウスのイベントがあり、バンドメンバー(KG、Luis、Mario、Kiko、アツ志さん)がそれぞれ家族連れで参加した。
このイベントは一昨年に初めて参加して、今回が3度目。自分たちの手でツリーハウスを作ったり森で様々なワークショップ、アクティビティを行ったりする団体とツテがあり参加するようになったのだが、GGによる夜のライブも定例化してきた。

ツリーハウス

土曜日はあいにくの雨だったけど昼頃現地に集まってそれぞれ森の散策やツリーハウス作り、バームクーヘン作りなどのアクティビティを楽しんだ。

ギターのMarioは、ギターもうまいが他にも様々な特殊能力を持っている。
中でも「薪割り」に関しては他を圧倒させるほどのすさまじい威力を誇っている。
素人ではとても難しい巨大な丸太もMarioの手にかかればものの見事に真っ二つ。そのため彼には「北海道の木こり」「マエストロ・ウッドカッター」などの称号が与えられた。

マリオの薪割り
ライブ中のパフォーマンスに薪割りを入れてみてはどうかと提案したが却下された。

みんなで温泉に行って、再び森に戻り、焚き火を囲んでの夜の食事を楽しんだ後、いよいよライブ開始。
電気などは当然ないので、もちろん生演奏。ギター4人+パーカッションで力いっぱい演奏スタート。

夜のライブ
周りで見ていたみなさんも徐々に盛り上がってきて演奏している方も楽しくなってきた。
みんな程よくアルコールも入っており、うっすらとしたランプの灯りと焚き火の炎、穏やかな夜の森の風がいい気分にさせてくれた。
会場を練り歩きながら流し、状況に応じていろいろな曲を演奏した。

おもしろかったのはKGの息子のこーちゃん(通称Marco)。突発的な集中力、いい意味で周りを気にしない図々しさがKGにそっくり。
しばらくバンドの横にひっついていたのだが、なぜか漫画のドラえもんを読みふけっている。その集中力はすごい。

夜のライブ

しかし突然懐中電灯をつけてバンドメンバーを照らし始めた。スポットライトのつもりだろうか。直射のためやたらとまぶしい。正面から横から後ろから、あらゆる角度からLEDのまぶしい光がライブ中のメンバーに向けられる。

KGには特別な方法で光を当てている。この写真はその時の様子だ。
夜のライブ

拡大図
こーちゃん
まったく動じないKGもすごい。やはり親子だ。

そんなこんなでライブは盛況のうちに終了。いつもの都内でのライブみたいに帰りの電車の心配もなく、メンバーもそれぞれかなりリラックスしてすごすことが出来た。

翌日は天気もすっかり回復し、前日と同じようにいろいろなアクティビティに参加。
バンドメンバーはみんななぜかバームクーヘン作りにチャレンジ。
木の棒にアルミを巻き、その上にバームクーヘンのタネを塗る。それを焚き火であぶって固めていく。固まってきたらまたタネを塗り、徐々に大きくしていく。それを繰り返していくとバームクーヘンが見事に仕上がる

バームクーヘン

通常は一定の大きさのものしか作らないのだが、GGメンバーによるオリジナルサイズのヘンテコなバームクーヘンも作成。
バームクーヘン
見た目は「ギャートルズの肉」みたいだが、味は最高。みんなで美味しく頂きました。

普段ライブなどでしか集まらないバンドメンバーとも楽しくすごすことができ、それぞれ連れてきた家族とも自然の中で有意義な時間をすごすことが出来た。

ツリーハウスのメンバーのみなさん、いろいろお世話になりありがとうございました!
また来年も機会があれば参加したいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です