マンションの夏祭りイベントライブ

これまでいろんなところから演奏依頼を頂いたが、今回はマンションの夏祭りイベントにお呼ばれされた。
場所は江東区にあるコスモ21・ザ・ガーデンフォートという巨大マンション。
毎年恒例のイベントらしくマンションの住民が企画、運営を行い、夏祭りを楽しんじゃおうという粋なイベントだ。去年はゲストに芸人のアントキノ猪木さんが登場したらしい。

朝10時から現場入りして我々バンドメンバーも準備を始める。
今回もメンバーはKG、Mario、Kiko、Luisの4人。この4人は比較的動きがとりやすく、ライブ参加率は自動的に高くなる。
それにしても、この日は午前中から暑い!!
機材セッティングをしている時間から大汗をかき、熱中症対策として水分補給は欠かせない状況だった。

F1000471.jpg

準備も終わり、一旦控え室に引っ込み、すぐに出番。
この日の出番は4回もあるが、そのうちの3回は演奏時間10分ずつ。
イベントは2部制になっているが、それぞれの始まりと終わりのファンファーレ的な演奏をぶちかましてほしいという主催者側からの要望だった。

F1000472.jpg

11時に一発目を演奏。
ほんの3曲の演奏だが、マンション中に響き渡るギターの音色と歌声で、それを聞いた住民がぞろぞろと祭り会場に集まり始めた。
うーん、これはまるでイスラムの礼拝の時間に流れるアッラー・アクバルのようだ。例えが変だが。

とりあえず最初の役目を終えたメンバー達はまた控え室に戻る。
エアコンが効いてビールやお茶、お菓子などが食べ放題、更にイベント会場に出ている屋台の食券も全種類頂いてかなりの好待遇。さっそくKGはパンツ一丁になり、焼きそば、カレー、枝豆、イカ、乾き物などを広げつつ弾力的にビールを胃袋に運んでいた。
他のメンバーも控え中は特にやることがないので、ギターを弾いたり寝たり空想にふけったりしてゆったり過ごすことができた。

第一部のシメでまた10分間演奏。
会場はモロに日光があたるので、暑さのあまりお客さんはチラホラという感じ。

一旦休憩に入り、再び控え室でぼーっと過ごす。
そして第二部開始のファンファーレ演奏。
日も徐々に傾いてきて熱さも和らいできた。
演奏を聞いてまた住民のみなさんが次々と下りてきた。

F1000473.jpgまたまた控え室に戻り、今度は最後の演奏の出番。
会場も完全に影に覆われ、かなり涼しくなってきた。
設置された座席もほぼいっぱいになり、夕涼みがてらみなさんくつろいでいた。
ステージではフラダンスが披露され、クールダウンのひととき。
ハワイ音楽はいうなれば「水」の音楽、我々ジプシーグルーヴは言うなれば「火」の音楽だ。一旦冷却された会場の雰囲気を再び燃え起こすべくステージに上がる。
なんだかこれまでの雰囲気と異なり、いい感じにお客さんも盛り上がっていた。夕暮れの涼しさとアルコール注入のおかげか。
更にこのマンションの隣にある別のマンションの住民のみなさんも音楽を聴きつけて集まってくれ、宴会部長的な人がいて一層場を盛り上げてくれた。

最後は制限時間も特に決まってなく、ゆるい感じの雰囲気となり、どのくらい演奏すればいいのか良く分からなかったが、こちらの気の済むまでとりあえずライブを決行した。
結果的に会場は大盛り上がり。最後は拍手と歓声で終わることができた。

さらにリクエストがあり、暗くなってから残っているお客さんのために生で流し演奏を行った。この時間はもうかなり涼しくなって演る側・聴く側どちらも心地よい状況。
日中は暑さでくたばりそうだったが、最後は気持ちよく締めることができ大満足!

機材を撤収する時、祭りの後を眺めてとても有意義な気分に浸った。
子供達が元気に走り回り、大人はそれぞれの役目を果たしつつ、ビールを飲んでリラックスムード。
んーー、なんか平和だナー◎

F1000475.jpg
そんな折、また突発的にプチライブ発生。
フラダンスの人たちが楽しそうに踊っていてうれしくなった。

まー、そんな感じで長い一日は終了。
最初はどうなることかと思ったが、終わってみるととても和やかでゆるくて楽しいイベントで、参加させて頂いたことに感謝!
近隣のマンションの方にも気に入られ、また別のオファーが来るかも!?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マンションの夏祭りイベントライブ

これまでいろんなところから演奏依頼を頂いたが、今回はマンションの夏祭りイベントにお呼ばれされた。
場所は江東区にあるコスモ21・ザ・ガーデンフォートという巨大マンション。
毎年恒例のイベントらしくマンションの住民が企画、運営を行い、夏祭りを楽しんじゃおうという粋なイベントだ。去年はゲストに芸人のアントキノ猪木さんが登場したらしい。

朝10時から現場入りして我々バンドメンバーも準備を始める。
今回もメンバーはKG、Mario、Kiko、Luisの4人。この4人は比較的動きがとりやすく、ライブ参加率は自動的に高くなる。
それにしても、この日は午前中から暑い!!
機材セッティングをしている時間から大汗をかき、熱中症対策として水分補給は欠かせない状況だった。

F1000471.jpg

準備も終わり、一旦控え室に引っ込み、すぐに出番。
この日の出番は4回もあるが、そのうちの3回は演奏時間10分ずつ。
イベントは2部制になっているが、それぞれの始まりと終わりのファンファーレ的な演奏をぶちかましてほしいという主催者側からの要望だった。

F1000472.jpg

11時に一発目を演奏。
ほんの3曲の演奏だが、マンション中に響き渡るギターの音色と歌声で、それを聞いた住民がぞろぞろと祭り会場に集まり始めた。
うーん、これはまるでイスラムの礼拝の時間に流れるアッラー・アクバルのようだ。例えが変だが。

とりあえず最初の役目を終えたメンバー達はまた控え室に戻る。
エアコンが効いてビールやお茶、お菓子などが食べ放題、更にイベント会場に出ている屋台の食券も全種類頂いてかなりの好待遇。さっそくKGはパンツ一丁になり、焼きそば、カレー、枝豆、イカ、乾き物などを広げつつ弾力的にビールを胃袋に運んでいた。
他のメンバーも控え中は特にやることがないので、ギターを弾いたり寝たり空想にふけったりしてゆったり過ごすことができた。

第一部のシメでまた10分間演奏。
会場はモロに日光があたるので、暑さのあまりお客さんはチラホラという感じ。

一旦休憩に入り、再び控え室でぼーっと過ごす。
そして第二部開始のファンファーレ演奏。
日も徐々に傾いてきて熱さも和らいできた。
演奏を聞いてまた住民のみなさんが次々と下りてきた。

F1000473.jpgまたまた控え室に戻り、今度は最後の演奏の出番。
会場も完全に影に覆われ、かなり涼しくなってきた。
設置された座席もほぼいっぱいになり、夕涼みがてらみなさんくつろいでいた。
ステージではフラダンスが披露され、クールダウンのひととき。
ハワイ音楽はいうなれば「水」の音楽、我々ジプシーグルーヴは言うなれば「火」の音楽だ。一旦冷却された会場の雰囲気を再び燃え起こすべくステージに上がる。
なんだかこれまでの雰囲気と異なり、いい感じにお客さんも盛り上がっていた。夕暮れの涼しさとアルコール注入のおかげか。
更にこのマンションの隣にある別のマンションの住民のみなさんも音楽を聴きつけて集まってくれ、宴会部長的な人がいて一層場を盛り上げてくれた。

最後は制限時間も特に決まってなく、ゆるい感じの雰囲気となり、どのくらい演奏すればいいのか良く分からなかったが、こちらの気の済むまでとりあえずライブを決行した。
結果的に会場は大盛り上がり。最後は拍手と歓声で終わることができた。

さらにリクエストがあり、暗くなってから残っているお客さんのために生で流し演奏を行った。この時間はもうかなり涼しくなって演る側・聴く側どちらも心地よい状況。
日中は暑さでくたばりそうだったが、最後は気持ちよく締めることができ大満足!

機材を撤収する時、祭りの後を眺めてとても有意義な気分に浸った。
子供達が元気に走り回り、大人はそれぞれの役目を果たしつつ、ビールを飲んでリラックスムード。
んーー、なんか平和だナー◎

F1000475.jpg
そんな折、また突発的にプチライブ発生。
フラダンスの人たちが楽しそうに踊っていてうれしくなった。

まー、そんな感じで長い一日は終了。
最初はどうなることかと思ったが、終わってみるととても和やかでゆるくて楽しいイベントで、参加させて頂いたことに感謝!
近隣のマンションの方にも気に入られ、また別のオファーが来るかも!?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です