ライブ@くにたちHappon

土曜日は久々、国立・Happonでのライブ。ちょうど去年のこの時期もやったような気がして昨年のカレンダーを見てみた。
すると去年の2月にGitano Familyが来日してて、彼らのライブで企画を立てただけで、Gipsy Grooveとしてのライブはやっていないことが分かった。GGのライブとしては2008年の1月ライブ以来、実に2年ぶり。
かつてはGGのホームグラウンド的なライブハウスとして2ヶ月に一回くらいのペースでお世話になっていたが、最近はメンバーが集まらなかったり別の場所でやることが多くなったりでご無沙汰が続いていた。
馴染み深いこのハコも気楽な雰囲気でライブができるので、今年はもう何回かブッキングしてみようかなーと思ったりした。

この日参加予定だったメンバーのうち、KikoとPacoが急きょ欠席となってしまい、ギターがKG、Luis、Marioの3人、そしてベースの竹田さんとパーカッションのアツ志さんを加えて5人でのライブとなった。
以前はギタリストだけで7~8人いたりしてステージが幕内力士の土俵入りのような状態だったが、5人くらいだったらなんとかスペース的にも余裕ができるものだ。

夜の8時にライブスタート。
GGのオリジナルナンバー、Gipsy Kingsのおなじみナンバーを次々演奏。
今回もGGの新曲を幾つか披露。最近はレコーディングなどでメンバーにもおなじみの曲になってきた。
2部にはナツメロ特集として日本の昭和歌謡を2曲ほどGGアレンジで披露。
若い人は知らない曲かもしれんが、幸か不幸かお客さんの年齢層はやや高め。往年の名曲をノリノリアレンジで聴いてもらい、楽しんで頂けたようだ。

最後はアンコールを頂き、ナチュラルに客席もスタンディング&ダンシングな状態になり、アグレッシブなフィーバーぶりでホットなジプシーナイトをフィニッシュした。
ちなみに上記をスペイン語風に言うと、
ナトゥラルメンテに客席もレバンタンド&バイランドな状態になり、アグレシボなフィエブレぶりでカリエンテなノチェ・ヒターナをテルミナールした。

お客さんが踊ってくれる状態になるのが我々演奏者としてとてもうれしい瞬間だ。

 

セットリスト

1st)
1.Gipsy Road (Original)
2.Bem Bem Maria (Gipsy Kings)
3.Una Noche Suprema (Original)
4.Pharaon rapido (Gipsy Kings)
5.Mirame (Chico & the Gypsies)
6.Bailaras Conmigo (Chico & the Gypsies)
7.Djobi Djoba (Gipsy Kings)
8.A mi manera (Gipsy Kings)

2nd)
1.Una Historia del amor (Latin)
2.Volvera (Original)
3.Inspiration (Gipsy Kings)
4.異邦人 (ナツメロ)
5.熱視線 (ナツメロ)
6.Liberte (Gipsy Kings)
7.Sara (Original)
8.Buenas Noches (Original)
9.Bamboleo (Gipsy Kings)
———
encore)
Volare (Gipsy Kings)
Bienvenido (Original)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です