De Donde + ベリーダンス@マカンマカン

日曜日は横浜・都筑区にあるエスニックレストラン「マカンマカン」で、De Donde+ベリーダンサー(Rukaさん、Izumiさん)とのライブが行われた。
前回も同じメンバーで青葉区のハワイアンレストランでライブを行ったが、今回はその第二弾ということで。

マカンマカン

普段はエスニック・レストラン・居酒屋として営業されているこのお店、当然ライブ用のステージなど設置されていない。
そこで、オーナー自ら店をライブ仕様に改修。
客席の一角の椅子やテーブルをどかして木材を切ったり打ったりして特設ステージの完成。
普通の客席がダンサーのお立ち台として変身。うちら演奏者はダンサーを見上げるような格好となる。

セッティングやリハも終わって、開場時間となった。
朝から降り続くあいにくの雨模様だったが、多くのお客さんに来ていただいた。
すでに予約で一杯ということで、当日来られた方は立ち見となってしまったようだ。

開演時間は大幅に過ぎていたが、ふいにライブ開始。
演奏メンバーのLuis、Mario、アツ志、そしてカホンでゲスト参加のMiguel永田氏。
数曲演奏したのち、ダンサーが登場。
Rukaさん、Izumiさん、それぞれ魅惑あふれる衣装とダンスで観客と演奏者を魅了。
客席の間を縫うようにして舞い踊り、やがてお立ち台へ。
間近で見る妖艶な舞にうちら演奏者もクラッと来た。あ、アルコールのせいか??

デドンデ&ダンサーズ

あっという間に1部が終了して、間もなく2部開始。
気づくとLuisのすぐ横にフラメンコダンサーのLunaさんが出現していた。
このお店のすぐ近くに住んでいるので見に来てくれたが、せっかくだからとパルマで参加しちゃいなよ!ってなことで。
ついでに踊っちゃえば?ということでベリーの二人が踊らない曲でフラメンコなダンスを披露してくれた。
個人的にはこんな感じで普段着でフラッとやってきてサラっと踊ってくれちゃう雰囲気も好きである。

De DondeのライブではLuisがメインボーカルとなるが、Marioもたまにボーカルをとる。
この日はアンリの「悲しみが止まらない」をルンバアレンジで演奏。Marioがハイトーンで歌ってくれた。
コード感といい、スピード感といい、なかなか演奏しやすく、ノリノリなナンバーで今後の定番になるかもしれん。
ちなみにこの日風邪気味だったアツシ氏は「Ican’t Stop~風邪を治してー、ハナミズがー止まらない~♪」と歌って、実際鼻水地獄に陥っていた。

そんなこんなで二人のベリーダンサーがそれぞれの見せ場を作る中、ライブも終盤。
最後の曲をやって、さらにアンコールを頂きもう一曲。
さらにおまけに流しで客席を回って2曲ほど演奏。
最後までおいしいライブとなりました。

次回もこのシリーズ続くかも。
また楽しみだ。

De Donde + ベリーダンス@マカンマカン

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です