演奏依頼@お台場→De Dondeライブ@青葉台

この前の日曜はお台場にある「ホテル グランパシフィック LE DAIBA」内のレストランにて演奏。
とある高校の同窓会のような集まりでの演奏依頼だ。
基本的に音響は使わず生演奏でお送りした。
ご年配の方々が多く集まるパーティーということで、なるべくみなさんが知っているような曲を選んで演奏したが、ジャンル的に普段聞きなれない曲が多かったようで、反応はイマイチ?だったような。。。
でもみなさん適度にお酒も入っていて、終始和やかな雰囲気で楽しんで頂けたと思う。

お台場のホテルにて演奏依頼

それにしてもこういうパーティーなどで流し演奏する際に必ずリクエストされる曲がある。

「コンドルは飛んでいく」

かの有名な南米フォルクローレの名曲。サイモンとガーファンクルがカバーしてヒットさせたのが広く知られている。
なんか民族音楽っぽくて何人かでガットギターを弾いて演奏する、ということで、一般的な固定概念としてこの「コンドル」がインスパイアされるようだ。
ジャンルが違うため通常はやらないんだが、よくリクエストされてそのたびに断るのもなんなので、これは一つうちらのバージョンでカバーしておくのもいいな、と思うに至った。

また、他の方で何か聞きなれない曲名をリクエストしていた人がいたが、全く分からなかった。
「○△■◇※◎だよ、なんだ?知らないのか~??」みたいな感じで。。
まだまだ知らない曲は一杯あるなー。
こういう場で演奏すると、いろいろ勉強になりますな。

お台場を後にして、LuisとMarioは横浜の青葉台へ。
この日は夜からダルブッカのアツ志さんを加えた3人組ユニット「De Donde」のライブがあったのだ。
会場は知り合いのミゲル永田氏の紹介で「マヒナ・ビーチ」というハワイアンなお店。
3人のミュージシャンに加えてベリーダンサーのRukaさんとイズミさんが踊りで華を添えてくれた。
メンバーはみんな神奈川県在住。(正確に言うとMario氏は町田市だが。)
というわけでなんとなく団結力が湧き、締めるところは締め、緩めるところは緩めて、メリハリのあるライブとなった。
お客さんもたくさん来てくださり、なぜか子供も多くて、とても温かく賑やかなライブとなった。
ちょうどアツ志さんの息子さんが4歳の誕生日ということで、彼にサプライズ・ハッピーバースデー演奏をお送りしたのだが、照れに照れているその姿が愛らしく、会場の雰囲気をさらに和ませてくれた。

最後は子供達も酔っ払ったおじさんたちもみんな踊りだして、わけが分からん状態だったが楽しく終わることができたと思う。

次回のライブも5/23に決定した。神奈川県内でのライブ頻度アップの足がかりとしたいところだ。

青葉台マヒナビーチ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です