練り歩き演奏@大磯市

先日5/21(日)は大磯の港で開催される「大磯市」で流しの演奏をやってきた。
大磯はわたくしLuisのホームグラウンドで、毎月第三日曜日に開かれる大磯市に自分の店(ルッコル)も毎回出店している。

2010年の9月ごろに開始された大磯市。
最初の頃に主催者の人に頼まれて何度か一人で流し演奏をやったりした。
その時も好評だったけど、やっぱり一人より何人かで演奏した方が楽しいし盛り上がる。
というわけで今回、メンバーのKGとMarioに来てもらって3人で練り歩きライブをやってみようということになった。

大磯市は当初出店店舗数も少なくて、漁港ののんびりした青空市場くらいの雰囲気だったのが、ここ最近はメディアなどにも取り上げられ全国的な注目が集まってしまった。
結果、現在では150店舗ほどの出店と湘南以外でも横浜や東京からもお客さんが来るようになってしまいものすごい混雑ぶりとなってしまった。

当日は天気も快晴で絶好のコンディション。
朝7時に市場に着いたけど既に駐車場の前は車の行列、会場は人の波であふれていた。

いつものように店を出して楽しんでいると11時。
ようやくMarioとKGが家族同伴で到着。
少しのんびりしてから手探り状態で流しのライブ開始!

食べ物屋が並ぶにぎわってそうなところでまずは3曲くらい。
おなじみのノリノリナンバーでつかみはOK!
続いて奥の方に出店していた知り合いのコーヒー屋さんのところで「Moliendo Cafe(コーヒールンバ)」。ジャストな感じでこれもウケた。
その隣は同じく知り合いの酒屋さん。
並んでいたお客さんたちのために購買意欲を促進させるため「Volare」を演奏。
これまた喜んで頂いた。
あとで思ったが、豆腐ドーナツ屋の前で「Soy」をやれば良かったなーと思った。

その後、雑貨・クラフト関係の店が集まるエリアで演奏。
こちらは大混雑という感じではなく、和やかなムードだった。
最後はお客さんのため、というよりは出店者へのねぎらいみたいになってきたので、ころ合いを見て終了することにした。

やはりストリートライブと同じで、お客さんの反応にも波がある。
盛り上がる時は大変盛り上がるが、そうでないこともある。
次回もしやる機会があれば、ストリートライブ+定位置で音響通してステージをやるという流れもありかなと思った。

何はともあれ外で思いっきり演奏するのはとても気持ちいい!
これから夏だし、また7月ごろ大磯市でやろうかなーと考え中。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です