旅祭2012 ステージ演奏

6/3日曜日は東京・晴海ふ頭で「旅祭」が開催され、GGはベリーダンサーのKikiさん率いるAlma Belly Dancersと共演。
野外の大きなイベントへの出演は久しぶりで朝から楽しみだった。

昼にメンバーが集合して会場にin。
すでにあちこちすごい人だかり。
まずは控室に荷物を置いて出番までしばらく時間があったので会場内で行われている他のライブやトークショー、イベントブースなどを見て回った。
メインステージでのライブは誰もが知っている有名アーティストも多く出演し、それ目当てに来るお客さんも少なくないはず。
さすが、オーディエンスの数も半端ない。まさに野外フェスという感じ。

屋内では旅行作家のたかのてるこさんのトークショーを見させてもらった。
いやー、この人チョーおもしろいわ!
著書を何冊か読んでいたので興味があったが、普通に芸人としてもやっていけるんじゃないかというおもしろトークで、時間があっという間だった。
会場もいつのまに超満員。何か人を引き付けるものを持っているんだなーと思った。

そんなこんなでようやくうちらの出番が回ってきた。
準備を整え、ギターを持って海っ際のステージへ。
メインのステージでは有名ミュージシャンがかっちょええライブをやっており、それが終わって間もなく、いよいようちらのライブ開始!

今回はベリーダンサーさんたちのリクエストがありセットリストもそれに沿って考えた。
前半は「Moorea」や「Majiwi」などアラブっぽい曲。
ダンサーさんたちは曲に合わせて素敵な振り付けを披露してくれて、お客さんも見とれている様子。
KGがMCを入れ、後半はKikiさんが踊る「BemBemMaria」でスタート。
この日はダルブッカで久しぶりのペタシ君が参加。ギターソロに続くダルブッカソロ、いい感じ!

最後「Volare」でおもしろいことが起きた。
曲が後半にさしかかるころ、ダンサーさんの手招きで我慢できなくなった客たちが次々とステージに上がり、踊り始めた。
そうなると「おれも!私も!」とステージに次から次へと上がり始めた。
ダンサーさんはステージ下で、お客さんがステージでお立ち台状態。30人は優に超えていたか。
それでリズムに合わせてジャンプ・ジャンプ!
Kikiさんいわくまさに「イナバの物置」状態だった。100人乗ってもダイジョーブ!・・・なのか?
ステージがいつ崩壊するんじゃないかとヒヤヒヤしながらも熱い演奏を最後まで続け、なんとか無事に終了。

アンコールに応え、「DjobiDjoba」も演奏。イヤー楽しかった!

さらにこの後練り歩きで流し演奏+ダンスで場所を移動した。
失敗したのは階段下から始めて、3階まで登った時、歌いながらだと息が切れてバテるということが分かった。
見る側もゆっくり見れないし、移動しながらもいいが、やっぱり演奏する時は一か所にとどまってやった方がいいかなと。
3階の「トラベラーズ・ビレッジ?」という広々した場所で再度ストリートライブをやった。
ここは眺めもよく気持のよい場所。
数曲演奏して、この場所でも他のトークショーが始まるとのことで、これにて終了。

2年ほど前から始まった旅祭、今回初めて参加したがなかなか楽しかった。
また来年もお声がかかれば是非参加してみたい!

見に来てくれたみなさん、スタッフのみなさん、そして誘って頂いたKikiさん、どうもありがとうございました!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です